TVアニメ「ヤマノススメ」一覧

「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)学校のモデルとなった聖望学園の校内を案内していただきました

埼玉県飯能市が舞台のTVアニメ「ヤマノススメ」に出てくる主人公が通う高校のモデルとなった「聖望学園」に行ってまいりましたのでご紹介いたします。 以前こちらの記事「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)聖望学園編でご紹介いたしました、聖望学園の教室内の写真を提供していただいた聖望学園教師の新井先生より、実際に聖望学園の校内を案内していただけるとのお話を頂いておりました。 2013年8月11日に開催される飯能市主催「聖地巡礼ツアー」にて、私も皆様のご案内スタッフとして参加することが決まっておりましたため、そのツアーに先駆け見所を先取りするかたちでご案内いただきました。 聖望学園の教師・新井先生は、アニメ製作スタッフ陣のロケハンに同行し、聖望学園内はもちろんのこと飯能市内の各所をご案内している方です。また、第2期のヤマノススメセカンドシーズンでは、新井先生をモデルとした“アライ先生”が主人公の教師として劇中に登場しています。 TVアニメ「ヤマノススメ」公式サイト 「聖望学園中学校高等学校」公式サイト 新井先生のブログ「ヤスノ保育園」 新井先生のTwitterアカウント「yasuyuki arai (@yassspark) - Twitter」 聖望学園 中学校・高等学校 校庭 劇中に度々登場するこのカットは校庭から撮影したものです。 正面玄関 上段の画像は実際とは若干配置が違い、劇中と同じように撮影することはできません。 東棟 入り口付近   屋上   劇中のカットは屋上からの風景と思われますが、今回は屋上の隣にある教室より撮影しました。巡礼ツアーではこちらの屋上も解放していただけるとのことです。 西館   アニメでは実際の風景を反転したものが描かれています。 また、掲示板は他の場所のものを合わせているとのことでした。 教室       教室の雰囲気は、劇中とよく似ていることがお分かりいただけると思います。(モデルになった教室とは別の教室を撮影しています。) “あおいちゃん”の後ろに描かれているガラスの壁は実際にはモデルとなった教室には無く、将棋部の部室にあるものが描かれています。 こちらが将棋部の部室にあったガラスの壁。新井先生がアニメ制作スタッフに将棋部の部室を紹介したところ「この壁は珍しいですね」という流れになり、劇中の教室に取り入れられたそうです。     撮影はできませんでしたが、実際にモデルとなった教室からはアニメと同じ景色が眺められます。   モデルになった教室も案内していただいたのですが、アニメと同じロッカーは無く、完全に一致する教室は存在しないとのことでした。 冒頭でもお知らせした通り、2013年8月11日には飯能市が主催する「ヤマノススメ聖地巡礼ツアー」が開催され、参加者は特別開放された聖望学園の校内を見学することができます。既に申し込みは終了しているので、参加される方には何かの参考にしていただければ幸いです。 当日の案内役は今回私も案内していただいた新井先生が担当されるとのことなので、スタッフ来校時の秘話なんかも聞けちゃうのではないでしょうか。 今回のツアーに参加することができない方は、毎年9月に開催されている文化祭「中山祭」に行ってみるのはいかがでしょうか。 今回の話とは関係ありませんが、飯能市広報(左上)、埼玉県観光課(右上)、しろ先生(下)の名刺を見せていただきました。(しろ先生の名刺可愛いですね!) 飯能市と埼玉県の広報関係者の方の名刺にもアニメ絵が採用されていました。アニメで観光招致をしたいという気合の入り具合がうかがえます。 今回、学校内を案内して頂いた件につきまして、8月11日開催の聖地巡礼ツアーの打ち合わせを兼ねたものです。当記事に関しての聖望学園等への問い合わせはご遠慮ください。 あわせて読みたい 「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼 -全13話- アニメの舞台は埼玉県飯能市 ヤマノススメ 舞台探訪(聖地巡礼)マップ キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

記事を読む

「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)登山用品店&あおい宅&ひなた宅のモデルについて

舞台探訪・聖地巡礼が可能なアニメを見ている上で、皆さんも一度は気になったことがあるであろう「主人公の家のモデルは実際に存在しているのだろうか?」という疑問。 この件について、ヤマノススメを見て劇中に登場した学校や商店街などの舞台探訪・聖地巡礼を行っている私も当然この疑問を懐いておりました。 今回は、ヤマノススメの“雪村あおい”や“倉上ひなた”の家のモデルは存在しているのかについてご紹介いたします。また、あわせて現在モデルが判明していない「登山用品店」についてもご紹介いたします。 TVアニメ「ヤマノススメ」公式サイト 登山用品店のモデルについて 登山用品店 あいクリニック 「あいクリニック」です。 元・サンクスだった場所です。完全に一致している訳ではありません。 窓の形は違いますが、電柱と街灯が看板に変わり、看板の柱が街灯に変わったと考えると見えてくるような、こないような...。参考程度にお考えいただければと思います。 “雪村あおい”の家のモデルについて 雪村あおい宅 残念ながら、家のモデルは判明しておりません。 それっぽい建物も探してみましたが、一部分だけを参考にしたような建物なども見つかりませんでした。飯能市内には“雪村あおい宅”は存在しないものと思われます。 ”倉上ひなた”の家のモデルについて 倉上ひなた宅 飯能市立こども図書館 「飯能市立こども図書館」です。 形状は違いますが雰囲気が似ているということでご紹介いたします。 外壁の模様などが似てると思うのですが皆様はどう思われますでしょうか。 実際、飯能市内には“ひなた”の家と同一の建物は存在しておりません。 この「こども図書館」がある場所は、飯能河原の割岩橋(劇中に登場した橋)を渡ったところです。アニメのロケハン時に制作スタッフが必ず通っているであろう道に面しているため、参考にしているのではないかと考えております。 “青葉ここな”の家のモデルについて 青葉ここな宅 「ヤマノススメ セカンドシーズン」では、第1期では描かれることの無かった“ここな”の家(アパート)が登場しました。 その放送されたシーンから“ここな”の家のモデルが存在することが判明いたしました。詳細については以下の記事でご紹介しております。 あわせて読みたい【青葉ここな宅のモデルが判明】 「ヤマノススメ セカンドシーズン 第2期」舞台探訪(聖地巡礼) 青羽ここな邸(ここなちゃん家)アパート 飯能市某所 ヤマノススメ 舞台探訪・聖地巡礼マップ より大きな地図で ヤマノススメ舞台探訪(聖地巡礼)マップ を表示 キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

記事を読む

「ヤマノススメ」主人公たちが着ている制服のモデルが判明!

TVアニメ「ヤマノススメ」第6話の舞台探訪を行いました。と、書きたいところなのですが、第6話では市街地が登場しなかったので探訪する場所がありませんでした。 TVアニメ「ヤマノススメ」公式サイト そんな訳で今回は、舞台探訪レポートの代わりに“ひなた”や“あおい”が通っている高校の制服のモデルが判明いたしましたので、そちらをご紹介いたします。 ヤマノススメ 制服のモデルについて (TVアニメ「ヤマノススメ」本編より引用) (c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会 (千葉県立成田国際高等学校公式サイトより引用) (c)千葉県立成田国際高等学校 千葉県立成田国際高等学校(夏服) 「千葉県立成田国際高等学校」公式サイト 上記の画像を見比べると「千葉県立成田国際高等学校」の制服(夏服)と似ていることがお分かりいただけると思います。 袖周りのラインの色が若干異なりますが、比べてみるとほぼ同じデザインだということが分かります。 公式発表はないので定かではありませんが、この高校の制服をモデルにしている可能性が充分に高いと思われます。 あわせて読みたい 「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼 -全13話- アニメの舞台は埼玉県飯能市 キャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。 また、学校公式サイトのキャプチャ画像の著作権は全て「(c)千葉県立成田国際高等学校」に帰属します。

記事を読む

「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼) 第5話 飯能銀座商店街

TVアニメ「ヤマノススメ」第5話の舞台探訪・聖地巡礼を行いましたのでご紹介いたします。 ヤマノススメ 第5話 舞台探訪・聖地巡礼 (埼玉県飯能市)八百梅 劇中では八百梅の向かいに登山用品店があるように描かれていましたが、実際には店舗は存在しておらず住宅が建っています。 実際、登山用品店のモデルになったと思われる建物の正確な情報はありません。 似たような建物はありましたので、以下のリンク先でご紹介しております。 飯能銀座商店街 今回の探索中に商店街で見かけた舞台探訪マップです。この時点では配布は行われていませんでしたが、今後イベントなどで配布が行われるものと思います。 ヤマノススメ 舞台探訪・聖地巡礼マップ あわせて読みたい 「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼 -全13話- アニメの舞台は埼玉県飯能市 キャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。 キャプチャ画像の著作権は全て「(c) しろ/アース・スター エンタ―テイメント」に帰属します。

記事を読む

「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)第4話 飯能市、ヤオコー、観音寺

TVアニメ「ヤマノススメ」第4話の舞台探訪・聖地巡礼を行いましたのでご紹介いたします。 今回登場した飯能市内の場所は「観音寺」と「ヤオコー飯能店」の2箇所でした。 こちらの2箇所は以前行われたスマイル&スマイル展にて展示されていた設定資料で見かけたシーンでした。 TVアニメ「ヤマノススメ」公式サイト ヤマノススメ 第4話 舞台探訪・聖地巡礼 観音寺 飯能河原から程近い場所にある「観音寺」です。 白像が置いてある観音寺。 この白像は「飯能市市制10周年行事」において、飯能銀座通り商店街にある「亀屋」のご主人が制作したものです。元々は一般的なお寺と同じように鐘がありましたが、太平洋戦争で供出してしまいました。その鐘があった場所に白像が収められました。 奥に見える赤い橋は飯能河原に「割岩橋」です。 その奥の白い建物は岩清水という旅館の廃墟です。(この建物は2014年2月に解体されました。) ヤオコー飯能店   劇中では「ヤマコー」でしたが、実際には「ヤオコー」です。 劇中で描かれていた店内はイオンモールをモデルにしているそうです。実際に店内を見てみましたが、やはり劇中とは異なっていました。 あわせて読みたい 「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼 -全13話- アニメの舞台は埼玉県飯能市 ヤマノススメ 舞台探訪マップ 「ヤマノススメ」の舞台探訪・聖地巡礼マップです。 当サイトで紹介した「ヤマノススメ」の全登場箇所を放送話ごとにマーキングしております。舞台探訪や聖地巡礼のお供にお役立ていただければ幸いです。 キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

記事を読む

「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)学校/高校のモデル 聖望学園

TVアニメ「ヤマノススメ」に出てくる主人公の高校のモデルとなった「聖望学園」の教室をご紹介します。 TVアニメ「ヤマノススメ」公式サイト 今回、当ブログにて聖望学園の教師である新井先生よりコメントをいただきました。そして、ご厚意により教室内の写真を提供していただけることになりました。 この記事では新井先生より頂いた写真をもとに、アニメと実際の教室の比較をご紹介いたします。 ヤマノススメ 舞台探訪・聖地巡礼 学校のモデル「聖望学園」 机やテレビの配置、窓際の手すりなど、アニメでも同じように再現されています。 椅子に関しては同じように書かれています。机や椅子は実際のものとは全く別のものをモデルに書いているのかと思っていたのですが、ここまで同じものを描いているとは流石ですね。 聖望学園の机は2種類あるようで、アニメで描かれている机は旧タイプのものということです。上に掲載した教室全体の写真をみていただけると旧タイプの机が確認できます。 こちらは教室から見た外の風景です。 遠くには富士山を望むことができます。 飯能市街地からは少し高い場所からであれば、ほとんどの場所で晴れている日は富士山を望むことができます。 以上が聖望学園の教室風景です。 写真をご提供くださいました新井先生にはこの場を借りて改めてお礼申し上げます。 キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

記事を読む

「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼) 第3話 飯能市、天覧山

TVアニメ「ヤマノススメ」第3話の舞台探訪(聖地巡礼)を行いました。 ヤマノススメ 第3話 舞台探訪・聖地巡礼 今回は天覧山が登場しました。 天覧山は麓から10分ほどあれば登れてしまう小さな山です。 飯能市内の小学生は必ず遠足で登る山で、私も登った記憶があります。小学生の頃は登るのに結構時間がかかったと思ったのですが、改めて登ってみるとちょろいもんでした。 能仁寺 交差点付近から。 天覧山(麓) 天覧山の看板ですが、2013年7月現在、撤去され別の案内看板が設置されています。 天覧山(麓~中腹) 天覧山(中段) 天覧山の中腹には広場があり、トイレなど休憩スペースが設置されています。 先日降った雪が少し残っていました。 天覧山(中腹~頂上) 上のカットの後、少し進むと二股に分かれる場所があります。 左右どちらに進んでも頂上にたどり着けますが 右に進むとアニメと同じ経路で頂上に向かうことができます。 EDのカットです。 中腹にも東屋があるのですが、背景の木の様子からこちらかな?と。 天覧山(頂上) アニメと同じ場所からは撮影できません。 柵から手を伸ばして1枚。これが限界でした。 あわせて読みたい 「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼 -全13話- アニメの舞台は埼玉県飯能市 ヤマノススメ 舞台探訪(聖地巡礼)マップ 山道を歩いているカットは、それっぽいところを撮影しました。なので、実際に合っているのかはわかりません。 頂上からの風景を見て思ったこと。山の形や建物など、細かいものも忠実に再現されていて驚きました。舞台探訪のやりがいがあるのを改めて実感しました。 頂上で撮影しているとちらほらとお年寄りの方がいらっしゃいました。 登山してますよ的な格好をしている方もいれば、散歩しにきた的な格好をした方も。 非常にマッタリとした場所ですね。 頂上で、私と同じ目的で天覧山に登ってきたかむっさんとお会いしました。ヤマノススメ関連で探訪している方とお会いしたのは今回が初めてでした。地元で探訪者の方とお会いするのってなんかいいですね。 キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

記事を読む

「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼) 第2話 飯能市、中央公園

TVアニメ「ヤマノススメ」第2話の舞台探訪・聖地巡礼を行いましたので、ご紹介いたします。 TVアニメ「ヤマノススメ」公式サイト ヤマノススメ 第2話 舞台探訪・聖地巡礼 今回は、飯能市街地の景色はあまり登場しませんでした。 飯能中央公園・付近    ジャングルジムから落ちて高所恐怖症になったというシーンです。第1話でも登場しました。 劇中ではジャングルジムの色が緑っぽい色をしていますが、実際には「青・赤・黄」の三色に塗られています。 ジャングルジムの奥に見える「建物の屋上にある柵」が実際に同じような場所にありますので、このジャングルジムがモデルになっていると思われます。 ジャングルジムの奥にある建物。屋上に柵があります。   第1話でも登場したシーンです。   上の写真の階段を上った付近にあります。 2013年1月現在、奥に見える家の工事が行われています。以前はアニメと同じように家が建っていたのですが、現在は取り壊されてしまっています。 飯能こども図書館 ひなたの家のモデルになったと思われる飯能市立こども図書館。 ヤマノススメ舞台探訪(聖地巡礼)マップ あわせて読みたい 「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼 -全13話- アニメの舞台は埼玉県飯能市 キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

記事を読む

「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼) 第1話 飯能市、聖望学園、踏切

ついに東京MXを皮切りにTVアニメ「ヤマノススメ」の放送が開始になりました。 (アニメ舞台である埼玉県のテレビ埼玉では放送はありませんが...) 5分アニメということだったのですが、いざ本編を観てみると実質3分半しかなく、あっという間に終わってしまいました。 現在、原作が2巻までしか出ていないので仕方ないのですが、もうちょっと長い時間で放送して欲しいところです。ストーリーの方はテンポ良く進んでいったのでよかったな、と感じました。 以前の記事にも書きましたが、このアニメの舞台は埼玉県飯能市ということで私の地元です。地元民として、舞台探訪をしない訳がありません! という訳で第1話の探訪をしてきましたのでご紹介します。 地元ならではの場所探し、余裕でした。 ヤマノススメ 第1話 舞台探訪・聖地巡礼 聖望学園   この高校のモデルは聖望学園です。エンドロールの協力にも書いてありました。 写真を見て分かると思いますが、若干改変されており校門の形が違います。 飯能市立図書館   図書館の前は交差点になっています。 信号機や電線など邪魔なものは取り除かれています。 西武池袋線 東飯能2号踏切   西武池袋線の東飯能駅を出て高麗方面に向かい、2つ目の踏切です。 こちらは高麗方面を向いたところです。   対して、こちらは東飯能方面を向いたところです。 ここの踏切を境に単線から複線に変わります。 飯能市民会館・中央公園駐車場付近   奥に見えるフェンスのある場所が中央公園・市民会館の駐車場です。 車で探訪する方はここに車を止めることができます。   比較して撮影したつもりが全然合っていませんでした...。 そのうち改めてカット回収してきます。 「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼マップ 地元民として今後も最終回まで探訪を行う予定です。その都度、話数ごとに記事を更新したいと思います。 ただ、原作では高尾山が出てくるのでアニメの方にも出てくると思いますが、高尾山に関しては今のところ探訪は行わない予定です。基本的に飯能市内だけにしようと考えております。よろしくお願いいたします。 あわせて読みたい 「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼 -全13話- アニメの舞台は埼玉県飯能市 キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

記事を読む

「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼) アニメ設定資料(スマスマ展)編

西武沿線企画サミット「スマイル&スマイル展」で公開された設定資料の場所に訪問(聖地巡礼)してまいりました。場所はすべて埼玉県飯能市です。 観音寺 白い像がいるお寺。 ヤオコー飯能店 設定資料を見るとアニメでは「ヤマコー」として登場するようです。 聖望学園 敷地外から撮影しました。敷地内からでないと同じようなカットでの撮影は不可能です。学校ですので「ここが舞台だよ」と分かる程度に撮影しました。 飯能銀座商店街 完全に一致する場所はありません。資料と同じ形をした外灯は3箇所あるのですが、どれも背景が一致しませんでした。ただ、一番近い形だったのが写真の場所(広小路交差点付近)です。 聖望学園(屋上) 大体の場所は見当が付いていますが完全に一致する場所を探しています。 調査中でしたが、聖望学園の屋上からの風景と判明いたしました。 ヤマノススメ舞台探訪(聖地巡礼)マップ あわせて読みたい 「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼 -全13話- アニメの舞台は埼玉県飯能市

記事を読む

「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼 -全13話- アニメの舞台は埼玉県飯能市

2013年1月から放送開始のTVアニメ「ヤマノススメ」 今回は、ヤマノススメの舞台探訪・聖地巡礼についてご紹介いたします。 TVアニメ「ヤマノススメ」公式サイト ヤマノススメの舞台は「埼玉県飯能市」 2012年12月、埼玉県飯能市の公式サイトに以下のトピックスが更新されました。 「物語の中に、飯能市の風景が登場します」 主人公・あおいとひなたが住むのは飯能市! アニメ制作へ向け、スタッフは綿密なロケーション・ハンティングを実施。劇中には、あおいとひなたが一緒にハイキングを楽しむ「天覧山」や、学校帰りに立ち寄る「飯能銀座商店街」、そして「飯能河原」など、おなじみのスポットが多数登場。飯能市の風景が、物語を盛り上げます。 (飯能市公式サイト 飯能市を舞台にしたアニメ番組が放映されます より引用) 「主人公が住んでいるのは埼玉県飯能市」「飯能市内の山や商店街、飯能河原などが多数登場」とのこと。 実は飯能市在住な私。今までいくつかのアニメで舞台探訪・聖地巡礼を行ってまいりましたが、ついに地元・飯能が舞台のアニメが始まったのかと大興奮です。メチャクチャ楽しみです。 「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)を行いました 2013年1月現在、ついにアニメの放送がスタートしました! 放送開始に伴いまして、アニメに登場した場所へ実際に訪れて楽しむ、俗に言う「聖地巡礼」を行いました。ヤマノススメの劇中に登場した場所の「劇中の作画」と「実際の場所」を比較しております。 こちらの記事ではヤマノススメの第1期に登場した飯能市の風景をまとめております。皆様の聖地巡礼の際にお役立ていただければと思います。ぜひ、自然豊かな飯能市へお越しくださいませ! それでは、劇中に登場した舞台の情報をご紹介していきたいと思います。 聖望学園 中学校・高校 主人公が通っている高校のモデルになった「聖望学園」です。 こちらの学校は、中学校と高等学校が一緒になっている学校です。 劇中で学校の教室から外の風景が描かれているシーンもありますが、その外の風景も実際と同じ風景が描かれています。 天覧山       誰でも気軽に登れる天覧山が登場しました。 飯能市内の小学校では遠足や校外学習で必ず登る小さな山です。 劇中で“あおい”が天覧山のことを知らないと言っていたシーンがありますが、現実だと小さい頃から飯能に住んでいて天覧山を知らないというのはありえないと思います。 能仁寺   天覧山の麓にある能仁寺です。 この能仁寺は、住職の交友関係からプロ野球の長嶋茂雄、王貞治、原辰徳などが訪れていて別名スポーツ寺とも呼ばれています。 飯能銀座通り商店街   飯能市のメイン商店街です。劇中でも度々登場しました。 観音寺   白像がメインオブジェクトになっている観音寺です。 白像がいるところは元々は鐘があったのですが、太平洋戦争で供出しました。その後昭和40年頃、飯能市市制10周年行事にて飯能銀座通り商店街にある亀屋の主人が制作した白像が、この観音寺に納められました。 飯能中央地区行政センター・公民館(旧・飯能市立図書館)   飯能河原のすぐそばにある建物です。 以前は市立図書館もありましたが、現在は別の場所に移転しました。 この建物の1階ではヤマノススメに関する展示会も行われており、入口を入るとキャラクターのPOPや聖地巡礼ノートが設置されています。 西武鉄道 西武池袋線 東飯能2号踏切   西武池袋線の東飯能駅を出て、西武秩父方面に向って2つ目の踏切です。 飯能市中央公園・近辺    飯能市市民会館の横にある中央公園です。 ”あおい”がトラウマになったジャングルジムのある公園です。   中央公園の横にあります。 ヤオコー飯能店   劇中では「ヤマコー」でしたが、実際は「ヤオコー」です。 ヤオコーは関東を中心に展開しているスーパーマーケットです。 ヤマノススメ 舞台探訪(聖地巡礼)マップ キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

記事を読む