TVアニメ「ヤマノススメ」関連イベント取材一覧

「ヤマノススメ サードシーズン 開山祭!」開催、飯能市特別住民票や新ラッピングバスなどの新情報も解禁!

2018年7月2日より放送開始となるTVアニメ「ヤマノススメ」シリーズの第3期「ヤマノススメ サードシーズン」。その放送開始を記念したイベント「ヤマノススメ サードシーズン 開山祭!」が6月23日(土)に飯能市市民会館にて行われました。 ヤマノススメ サードシーズン 開山祭! イベント会場は恒例となった飯能市市民会館。 14時30分から約2時間、約1100席の大ホールで行われた開山祭。 完売商品が出るほど人気だったグッズ販売も行われました。 ヤマノススメ サードシーズン 開山祭! 2017年に行われたキャンプフェスタの時のキャラクターPOPが展示されました。 こちらの初お披露目のキャラクターPOPにはキャストのサインが書かれています。 記念イベントには主要キャラクターである、あおい役の井口裕香さん、ひなた役の阿澄佳奈さん、かえで役の日笠陽さん、ここな役の小倉唯さん、ほのか役の東山奈央さんの5名と、司会のムートン伊藤さんが登壇しました。 内容は「テーマトーク」「先行上映」「飯能市紹介」「抽選会」「告知」でした。 先行上映 先行上映では、ヤマノススメ サードシーズンの第1話ではない、とある一話が放映されました。ネタバレになるので詳しい内容は控えますが、飯能市のゆるキャラである「むーま君」がことある毎に登場して会場が笑いに包まれていました。 (『ヤマノススメ サードシーズン』PV第2弾【2018年7月放送開始】より引用) 飯能市紹介 飯能市紹介では、スクリーンに映し出される実写映像と写真にあわせ、声優陣によるアテレコで飯能駅の観光案内所、美杉台のハーブガーデン、天覧山、割岩橋が紹介されました。 抽選会 来場者の中から抽選で5人に「ヤマノススメ おもいでプレゼント キャスト5人のサイン入り台本」が当たる抽選会が行われました。 景品の「ヤマノススメ おもいでプレゼント キャスト5人のサイン入り台本」です。 ヤマノススメのイベントに参加したわけなんですけれども、なぜか手元にサイン入り台本があるわけですよ。よくわからないんですけれども、ステージ上で小倉唯ちゃんが僕の座っていた座席番号を読み上げたんですね。ビックリですよ。5/1100の確率で当たったみたいです。ありがとうございます!!! pic.twitter.com/HYenSqEOU5 — はうやし@C94 土曜日 東ヘ02a (@hauyashi) 2018年6月23日 当 た り ま し た ! 告知 事前に発表されていた情報から、今回のイベントで初出しとなるヤマノススメに関する情報が紹介されました。今回新たに発表となったヤマノススメの情報については以下の「ヤマノススメ最新情報」でご紹介いたします。 ヤマノススメ最新情報 イベント中に発表された飯能市的新情報についてまとめたいと思います。 飯能市特別住民票を授与(あおい、ひなた、かえで、ここな) 2018年6月23日付けで “あおい” “ひなた” “かえで” “ここな” の4人に飯能市の特別住民票が与えられることになりました。 \飯能市特別住民票授与/ あおい•ひなた•かえで•ここなの4人に、#飯能市 より #特別住民票 が授与されました🙌✨写真はほのかちゃんも一緒に😊✌これからも #飯能市 と #ヤマノススメ を宜しくお願い致します🙇🏻‍♀️#ヤマノススメサードシーズン #ヤマノススメ開山祭 pic.twitter.com/FqBRS1FCFE — 2018年7月『ヤマノススメ サードシーズン』公式 (@yamanosusume) 2018年6月23日 住民票の写しが発行できる等の情報については発表されていません。今後、公式サイトなどで発表されることを待ちましょう。 西武池袋線に「ヤマノススメトレイン」の運行が決定 2018年6月25日から西武池袋線で走行している6000系(10両編成)1編成の車内がヤマノススメ一色になって運行を開始します。ヤマノススメ サードシーズンのポスターが7種類掲出される他、車内のスマイルビジョンではヤマノススメ第1期全12話が全話上映されます。 運行区間は、西武池袋線・狭山線・有楽町線の他、東京メトロ有楽町線・副都心線、東急東横線、みなとみらい線となります。 国際興業バス「新 ヤマノススメ ラッピングバス」の運行 2018年6月現在、国際興業バスの飯能営業所で運行している6000形6025号車「ヤマノススメラッピングバス1号車(ワンポイントラッピングバス)」が2018年度中に廃車となる予定となっており、ヤマノススメラッピングバスの1号車が見納めとなります。 そこで新たに、新ヤマノススメのラッピングバスの運行が計画されています。新ラッピングバスの運行に関しては、今後公式サイト等で発表されるクラウドファンディングの結果によって決まります。 どんなデザインになるのか、いつから運行を開始するのか等については今後の情報を待ちましょう。 まとめ 「ヤマノススメ、半端ないって!」 2週間後に迫った「ヤマノススメ サードシーズン」の放送開始。今回のイベントに参加して益々楽しみになりました。ヤマノススメって素晴らしい。

記事を読む

飯能河原に架かる「割岩橋」のライトアップがスタート!ヤマノススメのキャラクターも投影、点灯式当日の様子をご紹介!

(2018年5月9日撮影) 2018年4月28日、埼玉県飯能市の観光名所「飯能河原」に架かる赤色の橋「割岩橋」のライトアップ点灯式が行われました。 同日より開始となる割岩橋のライトアップを記念した点灯式で、カウントダウンの掛け声とともに夜の飯能川原にライトアップされた割岩橋が姿を現しました。 このライトアップでは、橋梁の頭上にあるアーチ部分2か所に「プロジェクタースポットライト」が設置されています。このライトは、橋梁の歩道部分にイラスト等を投影することが可能で、四季をイメージした演出や飯能市のイメージキャラクター「夢馬」等の画像が投影されます。 割岩橋ライトアップ点灯式 点灯式は割岩橋の横に位置する「こども図書館」前で行われ、飯能市長をはじめとする来賓の挨拶を交え約20分程度行われました。 当日の記録を動画でご紹介!割岩橋ライトアップ点灯式の様子  点灯式の様子から、割岩橋のライトアップの様子を1つにまとめた動画を作成いたしました。音声とともにご覧いただければ、ライトアップの雰囲気もよりお分かりいただけるかと思います。ぜひご覧ください。(4分程度の動画です) 国内初採用!プロジェクタースポットライト ライトアップにあわせて設置された「プロジェクタースポットライト」はイタリア製のもので、日本国内での採用はこの割岩橋が始めての採用となりました。 プロジェクタースポットライトを使用した演出はスケジュールが決まっており、毎日・19時から21時までの30分毎(19:00、19:30、20:00、20:30、21:00)に計5回、約12分間行われます。 【朗報】2018年4月当初は3分間だった演出時間が、2018年6月中旬より12分間に変更となりました。当初の4倍でライトアップ演出を楽しむことができるようになりました。 橋梁のライトアップ演出について レッド・赤色 シアン・水色 グリーン・緑色 橋梁全体のライトアップ演出は赤・青・緑の3種類に変化します。演出時には、橋梁から河原に向かってプロジェクターが投影され、川の色が変化したように映し出されます。 2018年6月、演出時間が12分間に変更されたことにより、橋梁全体のライトアップ演出にカラーバリエーションが増えました。 白色、電球色、オレンジ色、赤色、ピンク色、紫色、水色、緑色、黄色の順で、全9色に変化します。 ライトアップは平日・土休日に関わらず、日没後から22時までの間、毎日行われています。今後は、年間を通じて様々なイベントが予定されています。 【注意】色が変わる橋梁のライトアップ演出が見られるのは、プロジェクター演出時間(19:00、19:30、20:00、20:30、21:00からの各12分間)のみとなります。 通常時のライトアップ風景(演出時間外のライトアップ) (上記2点、2018年5月9日撮影) 日没後から始まる演出時間外のライトアップは、白色のライトで歩道や橋梁がライトアップされている状態です。 常に「様々な色に変わるライトアップ」や「ヤマノススメのデザイン投影」が行われている訳ではありません。 演出時間帯のみ、橋梁が青色や緑色にライトアップされます。ヤマノススメのデザイン投影についても同様となります。 「ヤマノススメ×割岩橋」コラボライトアップ 2018年7月より飯能市が舞台となっているTVアニメ「ヤマノススメ」の新シリーズ「ヤマノススメ サードシーズン」が放送を開始することを記念して、プロジェクタースポットライトの演出時間にあわせて、ヤマノススメに登場するキャラクターたちが投影されます。(コラボ期間は、2018年4月28日から当分の間) ⇒ヤマノススメ公式サイト『ヤマノススメ』シリーズが、作中に登場する飯能河原「割岩橋」ライトアップ演出とコラボ決定! 投影されるデザインは全部で3種類です。 スポットライトは2箇所に設置されており、デザイン毎に投影される場所が異なります。以下に記載する「橋梁西側」と「橋梁東側」では投影される場所が異なりますので注意してください。 【注意】ヤマノススメのデザインが見られるのは、プロジェクター演出時間(19:00、19:30、20:00、20:30、21:00からの各12分間)のみとなります。 橋梁西側)ヤマノススメデザイン キャラクター5人の影 キャラクターの影とヤマノススメのロゴがデザインされたもの。 1つのデザインに投影されるカラーが数種類用意されています。 橋梁東側)ヤマノススメデザイン あおい・ひなた&かえで・ここな・ほのか ヤマノススメのロゴとともに「あおい、ひなた」から「ここな、かえで、ほのか」のデザインに切り替わります。こちらも1つのデザインに投影されるカラーが数種類用意されています。 【ヤマノススメファン向け】効率よく割岩橋ライトアップを見学する時の注意事項 割岩橋のライトアップを効率よく見学したいヤマノススメファンの方向けに見学時の注意事項をまとめました。見学・撮影時にお役立てください。 ★日没後から22時まで行われるライトアップは、白色一色で橋梁が照らされています。 ★上記ライトアップ時間帯のうち、プロジェクターによる演出時間が1日5回(19:00、19:30、20:00、20:30、21:00)12分間設定されています。 ★演出時間内に限り「ヤマノススメのデザインの投影」「橋梁の赤青緑等のライトアップ」がおこなわれます。 ★ヤマノススメのデザイン投影は、3分間ある演出時間のうち最後の1分間です。投影は一度のみなので、撮影に失敗すると次の撮影チャンスは30分後になってしまいます。 ★また、デザインが投影される場所が2箇所あり、同タイミングで異なる場所で異なるデザインが投影されるため、最低でも演出を2回見ないと全てのデザインを見ることはできません。 ★ヤマノススメのデザイン投影を全種類見て、河原から橋梁全体のライトアップも見る場合、最低でも3回、演出時間を待たなくてはいけません。 2018年6月中旬より、演出時間が3分間から12分間に変更となりました。時間に余裕を持ってライトアップを楽しむことができるようになりました。 見学する際は時間に余裕を持って、一度の演出で全てを見たいという考えはしない方がよろしいかと思います。 「割岩橋」交通アクセス情報ほか 名 称:割岩橋(飯能河原) 住 所:埼玉県飯能市稲荷町(地図で見る) ライトアップ日程:毎日 ライトアップ時間:日没後~22時00分 プロジェクター演出時間:19時00分、19時30分、20時00分、20時30分、21時00分 ※演出時間以外のライトアップは白色で橋梁が照らされているのみとなります。 ヤマノススメコラボ期間:2018年4月28日~当分の間 公式サイト:飯能河原「割岩橋」のライトアップを実施しています。|飯能市-Hanno city-

記事を読む

飯能納涼花火大会2017にて「ヤマノススメ三期ありがとう花火」が打ち上がりました!

2017年8月5日(土)飯能河原にて「飯能納涼花火大会」が行われました。 昨年2016年は、この年からスタートしたメッセージ花火企画の一部として、飯能市が舞台のTVアニメ「ヤマノススメ」の続編である第三期の放送を望む「ヤマノススメ三期熱望花火」がファン100名の力によって打ち上がりました。 そして、その願いが通じたかのようにヤマノススメ三期ならびにOVAの放送が正式に決定・発表された今年2017年。 再び、メッセージ花火企画の一部として「ヤマノススメ三期ありがとう花火」と題し、ヤマノススメファン約200名の力による“仕掛け花火&スターマイン”が打ち上げられました。 ヤマノススメ三期ありがとう花火 打ち上げ直前。ファンから関係者へのメッセージが読み上げられた後、サプライズで倉上ひなた(声優:阿澄佳奈)による特別メッセージがヤマノススメ公式よりファンの皆さんに送られました。 その後、ヤマノススメ主題歌「Cocoiro Rainbow」(歌:鳴海杏子)が流れ出すとともに打ち上がる仕掛け花火、そしてスターマイン。 一連の流れが素晴らしく、感動的でヤマノススメファンにとっては最高の“おもいでプレゼント”になった花火でした。 倉上ひなた(CV:阿澄佳奈)口上付き「ヤマノススメ三期ありがとう花火」in飯能納涼花火大会 打ち上げの様子はYouTubeにもアップロードしております。 以下、埋め込みにて動画をご紹介いたしますので、是非ともご覧いただけたら幸いです。

記事を読む

2015年元旦『ヤマノススメ×西武鉄道』新春キャンペーン、雪村あおい(CV:井口裕香)による特別車内放送を実施

2015年元旦から『ヤマノススメ×西武鉄道』新春キャンペーンが行われました。 その一環として、元旦に運転された臨時列車の車内にて「ヤマ­ノススメ」雪村あおい(声優:井口裕香さん収録)による特別車内放送が実施されました。 今回はその車内放送の様子を収録してまいりましたのでご紹介いたします。 ヤマノススメ×西武鉄道 特別車内放送 特別車内放送が行われたのは元旦に運転された以下の臨時列車です。 上り列車で2パターン、下り列車で2パターン、合計4パターンが流れました。 上り「みなと横浜 初日の出号」元町・中華街行き 快速 元町・中華街行き(飯能駅3:39発 → 元町・中華街駅5:29着) 特別放送実施は飯能~練馬間で実施されました。 下り「天覧山 初日の出号」飯能行き 準急 飯能行き(元町・中華街駅3:59発 → 飯能駅5:43着) 特別放送実施は練馬~飯能間で実施されました。 ダイジェスト(全4パターン) 全4種類の特別放送をまとめたダイジェストです。 ※撮影は、他の方の迷惑にならないよう、手すり用カメラ固定用品(SLIK クランプヘッド32)を使用して収録しました。

記事を読む

割岩橋ライトアップ、ヤマノススメ第1期上映会 in「飯能河原ビアガーデン」が開催されました!

2015年8月13日(木)、飯能河原にて「飯能河原ウッドデッキ・ビアガーデン」が開催されました。 このイベントでは「キャンドルナイト」と「ヤマノススメ第1期上映会」も行われ、地元の方やヤマノススメファンの方達が多く参加されていました。 ヤマノススメ第1期上映会はアース・スター公認で開催。劇中に登場する“舞台・聖地”「飯能河原」で観るヤマノススメはとても新鮮でした。 キャンドルナイトではキャンドルで書かれた「ヤマノススメ」を見ることができ、上映会の終了にあわせて河原にかかる「割岩橋」がライトアップされました。 普段ライトアップが行われていない割岩橋を、この日のためだけに機材を用意して特別にライトアップされたのは粋な計らいでした。 また、上映会にあわせてヤマノススメ(1期)最終回のシーンがリアルで再現され、キャラクターのポップもライトアップされました。 河原の中央で白く光っているのがライトアップされたキャラクターポップなのですが、白飛びしてしまい写真では分かりにくくなってしまったのは残念でした。 闇夜に浮かび上がる赤い橋、カッコイイです。 割岩橋のライトアップが現実に! 2018年4月28日より割岩橋にて、国内初のシステム「プロジェクタースポットライト」を採用したライトアップが行われます。 イタリア製、照明機能と画像投影機能を融合した装置「プロジェクタースポットライト」を国内で初めて採用したライトアップで、橋の歩道部分などに画像やロゴなどを映し出すことができるようです。 ◆ 事業の概要 ◆ この事業は、飯能河原の昼の“アクティブな空間”から夜の“癒しの空間”への移り変わりと“四季折々”の変化を“光”で演出することにより、飯能河原周辺エリアを埼玉県内No.1はもとより全国においても屈指の水辺空間をめざすものです。 12基のスポットライトによりアーチ部分を夜間空間に浮かび上がらせ、歩行者の安全確保を考慮しながら、欄干部には総延長170mのLEDライン照明を配して歩道部分を照らしながら、大型カラーLED照明により橋全体を多彩な色彩で照射します。また、橋周辺の樹木などにもライトアップを施し、一体的な夜間景観の演出を行います。 LED照明の活用により、飯能河原での様々なイベントとのコラボレーションが可能になってきます。 (飯能市記者発表資料割岩橋ライトアップ事業についてより引用) ライトアップの期間は2018年4月28日から1年間、毎日・日没後~22時まで。詳細については、飯能市の公式サイト等をご覧ください。

記事を読む

「BD発売記念イベント ヤマノススメセカンドシーズン 第0合目 登頂記念パーティ!」開催、会場周辺の様子をご紹介

2015年4月19日(日)に、飯能市市民会館大ホールにてTVアニメ「ヤマノススメ」のイベント「BD発売記念イベント ヤマノススメセカンドシーズン 第0合目 登頂記念パーティ!」が開催されました。 飯能市でヤマノススメの公式イベントが開催されるのは、2013年12月以来の1年4ヶ月ぶりです。昼と夜の2回公演で、アニメ出演メインキャストなどによるトークやライブが行われました。 また、会場である飯能市民会館横の中央公園では、飲食の物販やコスプレ撮影会などが行われました。 BD発売記念イベント「ヤマノススメセカンドシーズン 第0合目 登頂記念パーティ!」に行ってきた BD発売記念イベント「ヤマノススメセカンドシーズン 第0合目 登頂記念パーティ!」に行ってまいりましたので、イベントの様子をご紹介いたします。 中央公園に展示されたキャラクターのポップ。今回も以前のイベント時同様、メインキャラクター4人のポップが並びました。 こちらは市民会館大ホール。 キャパシティ1,102人が満席となりました。 気になるヤマノススメの続編についてですが、イベントで情報が発表され「ヤマノススメ サードシーズン やる気 まんまん」とのことでした。 期待していた「決定!」の文字は無く、まだ未定とのこと。ただ、やる気まんまんということなので、首を長くして待っていれば3期が実現しそうですね。 コスプレイヤーさんによる撮影会も開催 場所は中央公園に戻りまして、すっかりお馴染みとなりました“聖望学園の新井先生”が主催の、コスプレイヤーchamaさんによる撮影会も行われました。 chamaさんがコスプレしたキャラクターは、午前が“ここなちゃん”のコスプレ、午後が“あおいちゃん”でした。クオリティの高さに驚きました。 ⇒chamaさんのTwitterアカウント「ch@m@.(@godhome)さん」 撮影会終了間際にイベントの様子を伺いに来ていた飯能市長さんと、chamaさん、アライ先生によるスリーショット。なかなかにレアなショットが撮影できました。 アース・スター ドリームさんを天覧山へご案内 “ここなちゃん”のコスプレをしたchamaさんと、2014年にデビューした声優ユニット「アース・スター ドリーム」に所属するうちの4名(右から中島由貴さん、高尾奏音さん、愛原ありささん、村北沙織さん)です。(掲載許可取得済) イベント見学のため、アース・スターの社長さんと一緒に来飯されていました。 飯能には初めていらっしゃったとのことで、恐縮ではありますが、ご縁ありまして、社長さんと中島由貴さん、高尾奏音さん、愛原ありささん、村北沙織さんを天覧山とタイムズマートにご案内させていただきました。 ESD 白 中島由貴です早起きして行ってきたのはヤマノススメ登頂記念パーティー!特急ヤマノススメ二号にも乗ったよ天覧山にも登りました!飯能市自然豊かで素敵な所でした♥美味しいものいっぱい食べたよイベントもめっちゃ盛り上がったよ pic.twitter.com/hsNbDhvCRX — アース・スタードリーム公式 (@earthstar_dream) 2015, 4月 19 アーススタードリーム白 中島由貴です今日はヤマノススメ登頂記念パーティーのリハーサルから本番まで見学させていただきました♥ スタッフの皆さま関係者の皆さま出演者の皆さまありがとうございました!でわでわお休みなさーいzzZ pic.twitter.com/1ymbFu7Wrz — アース・スタードリーム公式 (@earthstar_dream) 2015, 4月 19 ESDピンク高尾奏音です♪ ヤマノススメ登頂記念パーティ、一緒に盛り上がって、憧れの声優さん達を観ることもできて感動でした☆ 朝からメンバーとヤマノススメ号に乗って、飯能の自然も満喫したのん♡ 次は高尾山っ!!モモンガさーん(>_<) pic.twitter.com/dYjSaqmYhX — アース・スタードリーム公式 (@earthstar_dream) 2015, 4月 19 赤の愛原ありさです☆ ヤマノススメ登頂記念パーティー、見学させていただき勉強にもなりとっても楽しかったです!更にヤマノススメが好きになりましたヤマノススメの特急に乗ったり、天覧山に登ったり( *´꒳* )飯能はいいところですね~♡ pic.twitter.com/iYHXPAlMHR — アース・スタードリーム公式 (@earthstar_dream) 2015, 4月 19 また、天覧山の中腹に設置してあるノートには、アース・スター ドリームの4人が記念にコメントを書き込んでくださいましたので興味ある方は探してみてください! イベント会場行き、臨時「ヤマノススメ」ラッピングバス イベント当日は、飯能駅と会場を結ぶ直通の臨時バスも運行されました。 臨時バスには、ヤマノススメのラッピングバス1号車・2号車・3号車が充当され、ヤマノススメラッピングバスが大集合しました。 短時間で全てのヤマノススメラッピングバスを見ることができたため、来場者の注目の的になっておりました。

記事を読む

「ヤマノススメ」BD発売記念イベント、天覧山麓で開催「植樹祭」レポート

2013年12月1日、待ちに待った『ヤマノススメBD発売記念イベント 0合目「登頂記念パーティ! 飯能市民会館ってどこ!?」』が飯能市民会館にて行われました。 今回は、そのイベントのレポートと会場周辺の様子をお伝えいたします。 ヤマノススメBD発売記念イベント 0合目「登頂記念パーティ! 飯能市民会館ってどこ!?」 植樹祭 当日は、関連イベントとして天覧山の麓にあるニコニコ池周辺で椿を植える「植樹祭」が開催されました。 「ヤマノススメ」の舞台ともなった天覧山での記念すべきイベントということで、ヤマノススメ原作者のしろ先生や、主人公が通う学校のモデルとなった聖望学園の生徒さん(ダンス部1年生)も参加しました。 植樹祭で紹介され挨拶をする「しろ先生」。事前に挨拶をすると聞かされていなかったようで、突然のスピーチタイムに戸惑っておりました。 自らの手で植樹をする「しろ先生」。作業をしながら「自分のだけ枯れちゃったら嫌ですね」と仰っておりました。今後の成長過程が楽しみですね。 植樹後はしろ先生と聖望学園の生徒さんの写真撮影タイムがありました。 生徒さんはそれぞれの役柄が決まっているようで、ひなた役の方は聖望学園の新井先生(ヤマノススメ担当)に言われて“ひなた”と同じ髪型のツインテールにしたんだとか。さすが新井先生、分かっていらっしゃいます。 キャラクター名が書かれていた札は、後日それぞれの植樹した場所に建てるそうです。機会があれば、見に行かれてみてはいかがでしょうか。 イベントグッズ物販 物販開始20分ほど前に到着しましたが120名程度の方が並んでいました。他のイベントに比べると少ない気がしますが、会場のキャパシティが1000名ほどと少ないのでこんなものなのでしょう。 物販販売ブース、写真の通り会計は1カ所で販売スタッフは2人のみでした。1人ずつ会計をするというのは、他のイベントでは見たことありません。正直、効率が悪いと感じました。 物販開始直後から、120名程度の行列を裁くのに40分程度かかっていました。今後、同様のイベントを行うことがあるのであれば、もう少しスタッフの人数を増やしていただきたいです。 ちなみに私はこの物販でマフラータオルを購入しました。(イベントのタイトルや開催日が表記されていなかったのは残念でした。) 公式イベントグッズ以外の物販ブースも出店されていました。飯能市の名物「味噌付まんじゅう」の販売、商工会議所のヤマノススメ限定グッズなどが販売されていました。 「味噌付けまんじゅう」は飯能に来たら一度は食べるべき、昔からの人気グルメです。皆様も飯能へ行ったらぜひ食べてみてください。 ヤマノススメBD発売記念イベント 0合目「登頂記念パーティ! 飯能市民会館ってどこ!?」第1部 開場14:00/開演14:30 開場を待ちわびるイベント参加列。 イベント開場時間が近づいたので、会場である飯能市民会館へ移動しました。開場時間は14時だったのですが、予定時刻を過ぎても一向に開場される気配なし。理由はわかりませんが、結局開場したのは14時20分ごろでした。その為、開演時間も20分押して14時50分頃イベントスタートとなりました。 イベントは、さすが仲良しキャスト4人だけあり、とても面白かったです。特に、日笠陽子さんと井口裕香さんにはたくさん笑わせてもらいました。 井口裕香「唯ちゃんの玉子~」、井口裕香「唯ちゃんの牛乳~」 イベント内容は主にトーク系が多かったのですが、途中に生アフレコのコーナーや最後にスタッカートデイズのライブ披露がありました。 そしてイベント終了直前、スクリーンに「特報 第2期放送決定!」のお知らせが表示されました!ついに第二期の発表がキター! 全体で1時間半という短い時間のイベントでしたが、面白くて笑いあり、発表ありの非常に濃い時間を過ごすことができました。 ヤマノススメBD発売記念イベント 0合目「登頂記念パーティ! 飯能市民会館ってどこ!?」第2部 開場17:30/開演18:00 第2部はほぼ定時での開場・開演でした。 座席は幸運にも前から3列目の中央ブロックを引き当てたので、ステージが近くキャスト陣を間近で見ることができました。 第2部のイベント内容については、第1部と同じでした。「第1部にも参加した人ー?」「朗報です!1部と同じコーナーやりまーす!」みたいなやり取りがありました。 内心「まじかよ!」と思いましたが、1部の時よりもキャスト陣のテンションが上がっていたらしく、同一コーナーでも違うことをやってくれたりと、それでも楽しむことができました。 今回もたくさん笑いました。(弱すぎるあっち向いてホイ。ひだまり山荘のスタッフさんはいい仕事してました。) そして同じくイベント終了直前、第1部に引き続き「特報 第2期放送決定!」のお知らせ。からの「15分拡大&2クール放送決定!」告知がキタ―――――(゚∀゚)――――― !! 第1期に比べて放送時間が3倍、そして6ヶ月もヤマノススメが放送されるなんて、楽しみが増えました!第2期始まったら飯能市内は最速で舞台探訪したいですね。 余談ですが、イベントの中で抽選ノススメというのがあり、座席番号が当たると声優陣のサインが貰えるというのがありました。第1部では私の座っていた14列が5回中2回出て、ビクッっとしましたが何も当たりませんでした。もちろん第2部でも何も当たらず。阿澄さんのサインが欲しかったな~、なんて。 いつもは静かな飯能市民会館ですが、まさかの地元・飯能市でアニメのイベントが開かれるとは思ってもいなかったのでとても楽しむことができました。第2期の放送も決まったので次のイベントも飯能市での開催を期待したいところです。 第2部のイベントの中で「第1部にも参加した人ー?」の質問に半分くらいの方が手を挙げていたので、第1部・第2部全体を通しての総来場者数は1500人前後といったところでしょうか。 ヤマノススメの今後に注目を! イベント当日は、私も運営に協力していたスタンプラリーの開催期間中で、このスタンプラリーに参加されている方も多く確認できたので、色々な場所でヤマノススメが盛り上がっていたようです。スタンプラリーを企画した一員として楽しんでいただけたようで嬉しいです。 これからも「ヤマノススメ」に期待するとともに、一緒に飯能市を盛り上げていけるように微力ながら協力していきたいと思います。

記事を読む

8/11、飯能市主催「ヤマノススメ」聖地巡礼ツアー参加レポート

本日(2013年8月11日)、飯能市主催の「ヤマノススメ聖地巡礼ツアー」が開催されました。今回、このイベントにスタッフとして参加してまいりましたので、そのツアーの模様をご紹介いたします。 当日のスケジュールは、飯能駅北口を10時30分にスタート、銀座通り商店街、飯能河原、中央公園、天覧山麓、聖望学園、ヤオコーの順に訪れ、16時00分頃にゴールするという流れでした。 飯能駅北口 飯能駅北口で受付後、飯能市広報情報課の方をはじめとするスタッフの挨拶、注意事項等の説明がありました。(私も挨拶をさせていただきました。) 銀座通り商店街 飯能駅北口から駅前通りを歩いて、銀座通り商店街へ到着しました。 各ポイントではガイドさんによるヤマノススメに関することや、その他飯能市についての説明がありました。 この写真はヤマノススメの劇中にも度々登場している観音寺の白い像について「何故、観音寺には白い像が置かれているのか」を説明しているシーンです。 写っているお店「亀屋」さんと深い関わりがあるため、この場所でその説明をしています。 こちらの「すずき屋」は、“あおい”のバイト先として原作(アース・スター)に登場したお店です。お店の前にはキャラクターのポップも置かれています。 店内では、作中に登場したバームクーヘンやケーキが販売されています。 こども図書館 ひなたの家のモデルになったであろう場所です。壁の模様でログハウス的な建物、スタッフがロケハンでこの道を通っている、という点からそうではないか?ということで案内させていただきました。 割岩橋・飯能河原 写真だと隠れていて見づらいですが、河原に埋められている土管が水面に反射するとハート型に見えるパワースポットになっている、という説明をしているところです。 観音寺 銀座通り商店街で説明のあった白い像でおなじみの観音寺。 観音寺では劇中で“あおい”と“ひなた”がガリガリ君のようなアイスを食べているシーンがあることから「同じ雰囲気を味わってください」というタイムズマートの店長さんのご厚意により全員にガリガリ君が配布されました。 ヤマノススメのオリジナル絵馬が登場! 今回のツアーにあわせて、観音寺にてヤマノススメ絵馬の販売が開始されました。1枚600円で「あおい」「ひなた」「ここな」「かえで」の4種類があります。 こちらのヤマノススメ絵馬は、飯能市の名産である西川材が使われています。絵馬の詳細については以下のページをご覧ください。 ヤマノススメ オリジナル絵馬について|観音寺 http://www.hanno-kannonji.com/ext3.html 中央公園 1話と2話で登場したジャングルジムと、道路を挟んで反対側の堤防になっている遊歩道。ジャングルジムの前で一旦休憩し、遊歩道を通って次の目的地「能仁寺」へ移動しました。 能仁寺 能仁寺を抜けて天覧山の麓に移動する途中、劇中で「モモンガ」というワードが飛び出したことについて「天覧山周辺にはモモンガはいないけれどもムササビなら生息している」という説明をガイドさんがしていたところ、本当に杉の木に空いている穴からムササビが顔を出しました。 写真ではとても見づらいですが、矢印の先にムササビが顔を覗かせています。これには皆さん大盛り上がりでした。 天覧山 当初の予定であれば天覧山の山頂で劇中と同じく昼食タイムとなる予定でしたが、猛烈な暑さと雷雲発生のため、山頂へは行かず麓のニコニコ池周辺で昼食タイムとなりました。 昼食は劇中で“あおい”と“ひなた”が天覧山山頂で食べていた「雪村あおいの手作りサンドイッチ」を再現したサンドイッチでした。 タイムズマート 毎度おなじみ「タイムズマート」。こちらでも今回のツアーにあわせてヤマノススメ新グッズの販売が始まりました。店内は少しの間、ツアー参加者で大盛り上がりな状態になりました。 ヤマノススメラッピングバス出発式 国際興業バスでは、8月11日よりヤマノススメラッピングバスの運行が開始になりました。この運行開始に伴い、飯能市立図書館脇にて出発式が開催されました。 今回のツアーの内容にはこの出発式も取り込まれており、参加者の中から代表者2名と飯能市長、国際興業グループ関係者によるテープカットが行われました。 代表者の選別は、当日が8月11日ということで8番と11番のツアーマップを持った方が選ばれました。 テープカットの撮影タイム。 本番はバスの方を向いて。 ラッピング、車内装飾、運行期間などについては「国際興業バス「ヤマノススメラッピング車」の出発式が行われました」をご覧ください。 聖望学園 本日のメイン、あおい達の通う高校のモデルになった聖望学園です。 校門の前では将棋部の3年生たちがお出迎えしてくれました。 到着後は、冷房の効いた部屋で一休み。 聖望学園が舞台になった経緯や、ヤマノススメ打ち上げパーティでの話などを新井先生より伺いました。 休憩後は、校内を案内して頂き、カット回収大会。 1時間程度滞在ののち、ヤオコー脇を通ってゴールの日替わりシェフレストランへ。 日替わりシャフのレストラン ツアー当日の8月11日は「ここな」の14歳の誕生日ということで ここでは最後のイベント「ここなのバースディパーティ」が開催されました。 参加者に振る舞われたケーキや軽食。 今日のために書いてもらったという ここな役の小倉唯ちゃんからのサイン入りメッセージと しろ先生のサイン入りイラストも公開されました。 じゃんけん大会も行われ、計4名にTシャツなどの景品が配布されました。 右の写真は、じゃんけんに勝って貰ったここなのマジパン?クッキー?にキスをする聖望の生徒さん。 最後に参加者全員で記念撮影をして 今回のヤマノススメ聖地巡礼ツアーは終了となりました。 数日前より飯能駅、銀座通り商店街、タイムズマートなどの市内各所に等身大POPが設置されています。 機会があれば探してみてください。 以上、本日のダイジェストでした。 今回、縁ありましてスタッフ側としても参加させていただきました。 実は先日より、飯能アニメツーリズム実行委員会に飯能市民のヤマノススメファン代表として色々と協力しております。今後のイベントなどでもスタッフ側として参加することがあるかと思いますので、その際は皆さんどうぞよろしくお願い致します。 キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

記事を読む

【スマイル&スマイル展】TVアニメ「ヤマノススメ」の設定資料を見てきました。

2012年12月7日から9日に西武池袋・西武ギャラリーで開催された西武線沿線サミット「スマイル&スマイル展」に行ってまいりました。 目的は飯能市のブースに出展しているTVアニメ「ヤマノススメ」展示会。2013年1月からの放送開始にあたり、アニメの設定資料などが公開されていました。 今回はそのヤマノススメ展示会の様子を少しだけご紹介いたします。 西武沿線サミット「スマイル&スマイル展」 西武沿線サミット「スマイル&スマイル展」 豊島区、飯能市、秩父市、西武鉄道とで結ぶ西武線沿線サミットの共同展を開催しました。それぞれのまちの見どころや伝統の文化など、今まで知らなかった魅力をお伝えするものです。 (飯能市公式サイトより引用) 飯能市「ヤマノススメ」ブース 飯能市ブースの一角にあった「ヤマノススメ」。 ヤマノススメ特別展示「原画」 これから放送されるアニメの原画が展示されていました。 ヤマノススメ「アニメ設定画」 資料やポスター類、アニメ設定画。 プロモーションビデオ 主題歌入りのPVも流れていました。 画面に映っているのは「飯能銀座商店街」です。 まとめ 会場で展示されていたヤマノススメ関連は以上となります。 展示された資料を見る限り、アニメではちょくちょく飯能の街並みが出てきそうな感じです。放送が今から楽しみになりました。 そんな訳で、早速ではありますが公開されていた資料を元に舞台探訪・聖地巡礼に行ってまいりましたので、よろしければ以下のリンクよりご覧いただければと思います。 あわせて読みたい 「ヤマノススメ」舞台探訪・聖地巡礼 -全13話- アニメの舞台は埼玉県飯能市

記事を読む