2014年03月一覧

「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。(妹ちょ)」 舞台探訪(聖地巡礼) 第12話(最終話) 飯能駅

TVアニメ「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。(妹ちょ。)」第12話の舞台探訪を行いましたのでご紹介します。 最終回を迎えた今回ですが、飯能駅のカットが少しだけ登場しました。 「妹ちょ。」第12話の舞台探訪・聖地巡礼について 飯能駅 飯能駅のそばにある久下稲荷神社付近から見たシーンです。 実際の風景を反転したものがアニメで登場しました。実際に撮影した写真も反転して掲載しています。 飯能駅改札口   飯能駅の改札口付近です。 窓口の横断幕も再現されています。   上の位置から左側を向いた景色です。 奥に見えるのはボーリング場と日高屋です。 現在、西武鉄道では改札機が最新のものに付け替える工事が行われています。 飯能駅の改札機は現在旧型のものなので、近いうちに交換されるものと思われます。 同一カットで撮影するのは今のうちです。 2017.01.30追記) 改札機は新型のものに交換されました。 舞台探訪・聖地巡礼マップ 一部の画像を著作権法第32条に基づき比較研究を目的に引用しております。 作品の著作権(映像・画像を含む)は「(C)松沢まり KADOKAWA 富士見書房刊/「妹ちょ。」製作委員会」にすべて帰属いたします。

記事を読む

豊崎愛生「ディライト」 ロケ地探訪 小湊鉄道、上総鶴舞、旧鶴舞発電所

<お知らせ> 当ページの情報は以下のページに移動いたしました。 移動先では筆者のロケ地訪問レポートなど詳細な情報を公開しております。 with Sphere: 豊崎愛生 10thシングル「ディライト」ロケ地探訪(聖地巡礼) -ミュージックビデオ- 小湊鉄道上総鶴舞駅(旧鶴舞発電所)ほか 2014年3月19日発売 豊崎愛生10thシングル「ディライト」のミュージックビデオの撮影が行われたロケ地のご紹介です。 以下の記事もあわせてご覧ください。 ディライトとShiny+のロケ地である、小湊鉄道の上総鶴舞へ行ってきました! 撮影は、小湊鉄道の上総鶴舞と駅構内にある旧鶴舞発電所にて行われました。 列車内の撮影も小湊鉄道の車両(キハ200形)を使用しています。 小湊鉄道 キハ200形車内 列車内の撮影は、営業列車の後ろに1両貸切車両を増結して行われたそうです。 ちなみにロケでの乗車区間は、上り列車の上総中野~上総鶴舞間と思われます。 小湊鉄道 上総鶴舞駅(旧・鶴舞発電所) この建物が「旧・鶴舞発電所」です。 現在は物置として使われているようでした。 ミュージックビデオにて豊崎さんが線路の上を歩いているシーンがありますが、通常は線路内への立ち入りはできません。防犯カメラ、立ち入り禁止の看板が設置してあります。 奥の線路は本線につながっていた線路(立入禁止)。 手前の線路は小屋(旧鶴舞発電所)の前に敷かれている用途不明な線路(立入可能)。 市原市池和田付近 空き地の真ん中に立っているシーン。 撮影忘れました... 帰ってきてから気が付きました、この場所の目の前の道路を通ってました。 再度カット回収に行きます。 (追記)再度、訪問してまいりましたので、写真を追加いたしました。 地図 より大きな地図で 豊崎愛生「ディライト」ロケ地探訪(聖地巡礼)マップ を表示

記事を読む

豊崎愛生「ディライト」と寿美菜子「Shiny+」のロケ地である、小湊鉄道の上総鶴舞駅へ行ってきました!

先日、千葉県にある小湊鉄道の上総鶴舞駅に行ってまいりました。 目的は、寿美菜子「Shiny+」と豊崎愛生「ディライト」のロケ地探訪です。 楽曲ごとの比較は別記事でまとめます。 ここでは、当日の行動範囲をご紹介いたします。 以下の記事もあわせてご覧ください。 寿美菜子「Shiny+」 ロケ地探訪 小湊鉄道 上総鶴舞、養老渓谷 豊崎愛生「ディライト」 ロケ地探訪 小湊鉄道、上総鶴舞、旧鶴舞発電所 探訪レポート 自宅から車で約3時間、上総鶴舞駅に到着しました。 駅周辺には菜の花が咲いており、とてもいい雰囲気で、まったりしていました。 観光で訪れている方もちらほらと。 ちなみにこの駅、無人駅で、関東の駅百選に選ばれています。 そのためあってか、テレビや映画でも時折、ロケ地として活用されているお馴染みの場所なのです。 待合室には「ロケ地の名所 上総鶴舞駅へようこそ」という張り紙と共にロケ地として使用された番組や作品名が一覧で紹介されていました。 無論、「豊崎愛生さん」の文字もありました。 おや・・・?声優パラダイス・・・竹達彩名さん・・・?(正しくは竹達彩奈) ホームに入ると...。 ありました、旧鶴舞発電所! ホームからは向こう側に行けないので、近くの踏切から迂回して反対側へ行きます。 何の花なのかは分かりませんでしたが綺麗に咲いています。 その奥に 旧鶴舞発電所。 豊崎さんがディライトのミュージックビデオで立っていた場所です。 窓の間から中の様子を覗いてみました。 建築限界の表や、資料的なものが置いてあったり、現在は倉庫として使われているようです。 ミュージックビデオのカット回収したり、列車を撮ったりで1時間半程度滞在しました。 続いて、今度はShiny+のカット回収のため、上総鶴舞駅の周辺に移動します。 前から来たこれ(団体貸切)を撮って、振り返ると・・・ Shiny+! どう、Shiny+なのかは、後ほど書くカット比較記事をご覧ください。 続いて養老渓谷へ。 こちらもShiny+で登場したロケ地。   行楽シーズンは、夏あるいは紅葉の時期だそうで、自分達以外にほとんど歩いている人を見かけませんでした。 駐車場も閑散としており、お土産屋さんは閉まっていました。 引き続き、車内のカットを回収するべく今度は上総中野駅へ。 上総中野駅は終着駅のため、ゆっくりと車内を見ることができます。 到着したときにはちょうどキハ200の3両編成が止まっていました。が、タイミング悪く、すぐに発車してしまいました。 次は2時間後、さすがに待ってはいられないので車内のカット回収は断念。またの機会とします。 ちなみに上総中野駅は終着駅にも関わらずこちらも無人駅です。 この駅では「いすみ鉄道」も乗り入れています。 いすみ鉄道の黄色い車両にはムーミンのイラストが描かれています。 この後は、勝浦に移動して、遅めの昼食という名の夕飯。 「勝浦タンタン麺」を初めて食べ、帰路につきました。 ディライトで車内のカット回収ができなかったことや、千葉県内のShiny+のカットが全部回収できていないこともあるので、また訪れようと思います。 よろしければコチラの記事もご覧ください。 with Sphere:寿美菜子 1stシングル「Shiny+」ロケ地探訪(聖地巡礼) -ミュージックビデオ- 田園調布、小湊鉄道上総鶴舞ほか with Sphere:豊崎愛生 10thシングル「ディライト」ロケ地探訪(聖地巡礼) -ミュージックビデオ- 小湊鉄道上総鶴舞駅(旧鶴舞発電所)ほか

記事を読む

NO IMAGE

国際興業バス、ヤマノススメのフルラッピングバス運行決定!

ご無沙汰してます。 さて、飯能市の公式サイトにて正式に発表されましたのでここでも告知します。 現在、飯能市内で国際興業「ヤマノススメラッピングバス」が運行中ですが、この度、ヤマノススメのフルラッピングバス2台の運行が決定しました!! 運行開始時期は、2014年4月末~5月上旬頃を予定しています。 原作者のしろさん書下ろしのバスが1台、アニメ画のバスが1台の合計2台。 バスの装飾については以下の通りです。 ①外装 フルラッピング ②内装 車内天井、入口ドア上部、座席シート後部、降車ベル、つり革ベルト、発券機、精算機などにラッピング 飯能市内の店舗などの協力などから制作されます。 運行開始時には、バスの出発式などが行われるものと思います。 お楽しみに…! 飯能アニメツーリズムにおけるラッピングバスの増車について http://www.city.hanno.saitama.jp/0000006136.html

記事を読む