私が愛用しているカメラ、写真と映像の撮影機材をご紹介します!

\SNSでシェアする/

どうも、マニアックなモノが大好き “ はうやし(@hauyashi) ” です。

今回は私が普段使用しているカメラ・撮影機材についてご紹介したいと思います。

所有しているカメラ

私が所有しているデジタル一眼レフカメラについてご紹介いたします。

現在、現役で使用しているカメラは以下の2台です。

  • Nikon D800
  • Nikon D3200

Nikon D800

2014年3月に購入した自身初導入となるフルサイズ一眼レフカメラです。購入から4年経った現在もメイン機として使用しています。

「フルサイズの喜びを知ったからにはAPS-C機にはもう戻れない!」最近では「Nikon D850」が気になっておりますが、D800もまだまだ使えるので限界まで使い倒していくスタイルです。

Nikon D3200

APS-C(DX)の一眼レフカメラです。18-55mmと55-200mmのレンズが同梱されているダブルズームキットを購入しました。動画撮影用兼サブ機として使用しています。

所有しているレンズ

私が所有しているカメラ用レンズについてご紹介いたします。

現在、現役で使用しているレンズは以下の4本です。

  • Nikon AF Nikkor 35-135mm f/3.5-4.5
  • Nikon 70-300mm F/4-5.6 D
  • TAMRON 17-35mm F/2.8-4 D
  • SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

Nikon AF Nikkor 35-135mm f/3.5-4.5

マクロ撮影も可能なレンズで重宝しています。最近は使用する機会が減っていますが、フィルムカメラ時代から10年以上使用しています。

―作例―
 
 
(Nikon D800 + Nikon AF Nikkor 35-135mm f/3.5-4.5)

Nikon 70-300mm F/4-5.6 D

D800を購入する以前に使用していたレンズです。後に記載するシグマの50-500mmを購入して以降、ほとんど使用する場面がなくなりました。

TAMRON 17-35mm F/2.8-4 D

広角撮影で重宝しています。最近はこのレンズを常用しています。

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

飛行機撮影用に購入したレンズです。これ1本で標準から超望遠までカバーできるのでとても重宝しています。航空祭など飛行機撮影に行くと、このレンズを愛用している方をよく見かけます。

D800がフルサイズのため、以前使用していたDX(APS-C)機に比べるとズームが必要な場面が多く、飛行機用と言ったものの普段使いのレンズとして活用しています。

―作例―
  
(Nikon D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM)

このレンズを購入する際にTAMRONの150-600mmと迷いましたが、口コミの評価が高かった50-500mmを選択しました。 今までに購入して後悔したことはありません。

所有しているアクションカム

MUSON MC2

4Kも撮影できる中国製のアクションカメラです。8000円を下回る破格で購入できる割にはそれなりの撮影ができる優れものです。主に車載動画を撮影するのに使用しています。(普段の録画は1080P 60fpsを設定)

探索系の動画を撮影する場合には、カメラを胸元に取り付けることのできるアクセサリーを使用しています。MC2はアクションカムで有名な「GoPro」と互換性があるため、GoPro用のアクセサリーを購入しました。

胸元に付けられるチェストストラップの他に、頭に付けることのできるヘッドストラップがセットになっています。

カメラバッグ

Endurance カメラバッグ 2気室構造 ロールトップ リュックタイプ

今まで使ったことのあるカメラバッグの中で一番と言って良いほど使い勝手の良いリュックタイプのカメラバッグです。

機材収納部分には、カメラ1台・レンズ3本の他にクリーニング用品を収納。カメラ機材以外の荷物が入る上部気室には動画用の機材を、旅行時には着替え等を収納しています。

バック側面にあるペットボトルや三脚の足を収納できる場所には無線機を収納しています。

プロカメラマン “studio9” の中原一雄さんが監修した「痒いところに手が届く」高性能カメラバッグはとても好評で、私の周囲でもこのバッグを愛用している方が何人かいます。

2018年4月には「Endurance カメラバッグ」が一回り大きくなった新しいバージョン「Endurance カメラバッグ HG」もリリースされました。

所有している三脚など

三脚などの撮影補助機器をご紹介いたします。

【三脚】ハスキー 4段

重量があるためブレにくく、夜間などの長時間露光に最適です。全長は2メートルを超えるため、脚立に乗りながらの撮影も可能です。鉄道ファンに人気の三脚です。

【三脚】Velbon VX-501B

主に動画用として使用しています。オイルフリュード雲台のため、カクつきの無い滑らかな横移動や縦移動(パンやティルト)を行うことができます。

数年前にハードオフにて中古で購入しました。ずいぶんと前に発売されたもので現在は絶版、新品で購入できないものだと思われます。

【スタビライザー】Lankdeals S60

動画撮影用として手ブレを軽減する機械式のスタビライザーを使用しています。電子式のものも販売されていますが、価格重視で機械式のものを購入しました。

また、スタビライザーにはクイックシューを取り付けています。クイックシューを取り付けた状態で事前に調整を済ませておけば、現場についてカメラを取り付けるだけですぐに撮影が始めることが可能になるからです。

アクセサリーなど

ステレオマイクロホン・ME-1

動画撮影の時に使用しています。風切り音を防げるほか、雑音のカット機能が付いています。SONY製の外部マイクも検討していたのですがNikonの純正品を購入しました。

耳障りでストレスになっていた風きり音が入らなくなりました。動画撮影をする方で、内臓マイクだけで撮影している方は外部マイクの使用を激しくオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を書いた人

Nikon D800で写真を撮っています!
最近ではダムを巡ってダムカードを集めることにはまっています。

当サイト内のキャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。映像・画像の著作権は各著作物の権利者に帰属します。
Google関連コンテンツ

\SNSでシェアする/

YouTube channel

YouTubeチャンネル:廃墟・レトロ・珍スポット探索 / はうやし報告記〔仮〕

Subscribe Now!