まさに珍スポット!勢いがスゴイ「赤坂小便小僧」と号泣する「赤坂堰堤」(埼玉県越生町)

\SNSでシェアする/

どうも、マニアックなモノが大好き “ はうやし(@hauyashi) ” です。

埼玉県越生町にある「赤坂小便小僧」。

外観はそこらにある普通の小便小僧と変わりはありませんが、唯一つだけ違うところがあります。

この小便小僧はアレの勢いがスゴイ、まさに“珍”スポットなのです。

小便小僧までの道なり

県道61号線から分岐して、紫陽花が有名な「あじさい山公園」へと続く“あじさい街道”を進んでいくと小便小僧の案内看板が出てきます。


現地の様子が描かれた看板。

看板には砂防指定地とも書かれており、小便小僧のある場所は河原からの土石流をガードするための砂防ダムが設備されています。


あじさい街道を外れて、この看板がある場所から800メートル山道を進みます。

車が一台程度通れるくらいの道を進んでいくと、川のせせらぎが聞こえてくるとともに小便小僧が見えてきました。

赤坂小便小僧


入口にあった小便小僧についての説明看板です。

この場所に小便小僧がある理由として、砂防ダム整備等の砂防事業をPRする目的で作られ、後ほどご紹介する「赤坂堰堤」を整備した時に一緒に設置した、とのこと。

小便小僧から流れ出る水は、堰堤の約100メートル上流を流れる沢を水源として、その高低差を利用して放水しています。

1991年(平成3年)に設置されて以降、約27年間が経過したため小便小僧の”高齢化”が進んでおり、砂利の詰まりや空気の混入で水の出が悪い時があるそうです。

(人間で言うと尿結石ですね、痛そうです。)

そのため、年に4回程度定期的に清掃作業が行われているのですが、この清掃作業が行われた直後がスゴイんです。

スゴイ勢いでビュービュー出ちゃうみたいなんです、小便小僧さん。

というわけで、今回はそれを見に来たのです。

ほら、いらっしゃいましたよ。


大自然の中、用を足している小便小僧が立っていらっしゃいます。


勢いがイイですね。
これだけ開放的だと、そりゃ勢いもよくなりますね。


まるで「俺のほうが遠くまで飛ばせるんだぞ」と言わんばかりの姿。


気持ち良さそうな、いい表情です。

尿結石じゃなくて、元気な姿が見れてよかった!
これからも健康第一でお願いしますね、小便小僧さん。

この小便小僧が立っている場所に、別に動物が一匹ぶらさがっていました。


お猿さんです。


小便小僧と猿。

この2つはどういった関係性があるのでしょうか。小便小僧の話に猿でも出てくるのかと思いましたが、小便小僧は「導火線に付いた火を消している姿を象ったもの」なので見当違い。

やっぱり、大自然!開放的!をアピールしているのでしょうか。

赤坂堰堤

さて、先ほどもご紹介したように、小便小僧は赤坂堰堤の整備と同時に設置されました。この赤坂堰堤についても、ちょっとした珍スポットになっているのでご紹介いたします。


赤坂堰堤はいわゆる「砂防ダム(砂防堰堤)」の名称です。

砂防ダムとは、渓流などに設置されている土砂災害防止のための設備のひとつで、上流から流れる土砂をせき止める役割を果たします。

そんな役割を担う赤坂堰堤の姿がこちら。

大号泣。

そこまで泣くか?というくらいの大号泣です。

「赤坂堰堤さん、なぜ、そんなに泣いているの?」

「だって僕の顔の前で小僧が小便しているんだもん。怒りを通り越して泣いちゃうよ。」

こんな感じなのでしょうか。

好感が持てるB級スポット

この珍スポットは山奥にあるため、交通の便が非常に悪く、公共交通機関は全くありません。

PRが目的なのに「ちゃんとPRできていないのでは?」と思ってしまうところが、またB級スポットな感じで好感が持てますね。

川のせせらぎ、澄んだ空気、木々に囲まれた空間も最高でした。

皆様も一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

【交通アクセス】赤坂小便小僧・赤坂沢堰堤の行き方

赤坂小便小僧・赤坂沢堰堤まで行ける公共交通機関はありません。自家用車もしくはタクシー等、車での訪問をオススメいたします。

JR八高線・東武越生線越生駅から徒歩で約100分。
1. 越生駅から頑張って歩いてください。

アクセス情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を書いた人

Nikon D800で写真を撮っています!
最近ではダムを巡ってダムカードを集めることにはまっています。

当サイト内のキャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。映像・画像の著作権は各著作物の権利者に帰属します。
Google関連コンテンツ

\SNSでシェアする/

YouTube channel

YouTubeチャンネル:廃墟・レトロ・珍スポット探索 / はうやし報告記〔仮〕

Subscribe Now!