秩父にも華厳の滝があった!変顔の不動明王もいた!珍スポットだった!(埼玉県秩父郡皆野町)

\SNSでシェアする/

どうも、マニアックなモノが大好き “ はうやし(@hauyashi) ” です。

「華厳の滝」といえば栃木県の日光にあることで有名ですが、埼玉県の秩父にも華厳の滝があることはご存知でしょうか。

私はこれまで秩父には幾度となく行っていましたが、秩父にも華厳の滝があることを最近まで知りませんでした。

B級スポットについて調べていたところ、たまたま見つけました。

という訳で、今回はこの秩父の華厳の滝に行ってみることにしました。

大自然の壮観「秩父華厳の滝」

秩父は秩父でも、実際に滝があるのは秩父市ではなく秩父郡皆野町。

皆野寄居有料道路の皆野長瀞ICから約20分、県道348・37・44・284号線と続き、山道に入ると秩父華厳の滝がある駐車場に到着します。

車を止めてすぐに、華厳の滝の入り口が見えてきました。


「秩父八景 大自然の壮観 秩父華厳の滝」

赤い文字で書かれた看板がまぶしいほどにアピールしていました。

そして別の看板も…。


「全国10位に選ばれました」

そうなんですか!

ん?何に対して10位なのでしょうか…。

何を基準に順位が決定されたのでしょうか。

肝心なところが書いていないよ!

10位をアピールしたいっていうのは分かるのですが…。

それはともあれ、さっそく滝を行ってみましょう。

入り口から歩くこと約5分。

見えてきました、華厳の滝。

\ジャーン/


思っていたよりも規模は小さいですが、自然に囲まれていてマイナスイオンが感じられました。

この「秩父華厳の滝」は本場・日光の華厳の滝に似ていることから名づけられたという、そのまんまの名前ですが、新緑から紅葉までの景観が素晴らしく、シーズンになると観光客で賑わうそうです。

今度行くなら紅葉の時期に行ってみたい!

変顔「不動明王」

さて、「秩父華厳の滝」から続く坂道を上ると、華厳の滝以外にも珍スポットが見られるとのことで、行ってみました。

華厳の滝から5分程度歩いて坂道を登りきると、ソレは姿を現しました。


なにやら大仏のような背中が。

前面に回り込んでみると…。


これは不動明王だ!


てか、なんか変な顔をしているぞ…!


これは珍スポットだ!


寄りで見ても、引いて見ても、しばらく見つめていると笑えてしまう表情が面白い。


先ほどの背中にこれを造った方の名前が彫ってありました。
昭和48年4月に完成したようですね。


それにしても、どうしてこの表情になったのか。

造った方の趣味なのか、センスなのか、ただ単に失敗しただけなのか…。

でもこの表情だからこそ、みんなに愛されているのでしょう。

実際、私もこの変顔「不動明王」を見るのが目的で「華厳の滝」は二の次だったのですが、普通の表情だったらこの場所には来なかったかもしれませんね。


変顔はなるべくしてなった奇跡の表情なのかもしれません。


おまけ。不動明王の反対側におじさんの銅像がありました。

映像で見る「秩父華厳の滝」と「不動明王」


両者の映像をYouTubeにアップロードしました。
現地の雰囲気がより分かりやすくなっていますので、あわせてご覧いただければと思います。

【交通アクセス】秩父華厳の滝の行き方

電車・バスを利用した秩父華厳の滝までの行き方をご紹介いたします。
(最寄駅からのバスについての最新情報は皆野町営バスの公式サイトでご確認ください。)

秩父鉄道皆野駅から「皆野町営バス(日野沢線)」を利用して約27分。
1.「皆野駅前バス停」から「秩父華厳前バス停」まで乗車。
2.「秩父華厳前バス停」から徒歩で約10分。

施設情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を書いた人

Nikon D800で写真を撮っています!
最近ではダムを巡ってダムカードを集めることにはまっています。

当サイト内のキャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。映像・画像の著作権は各著作物の権利者に帰属します。
Google関連コンテンツ

\SNSでシェアする/

YouTube channel

YouTubeチャンネル:廃墟・レトロ・珍スポット探索 / はうやし報告記〔仮〕

Subscribe Now!