全9ヵ所!埼玉県秩父市&飯能市の廃村・廃集落に行ってきた!【探索レポート】

\SNSでシェアする/

どうも、マニアックなモノが大好き “ はうやし(@hauyashi) ” です。

魅力がいっぱい!埼玉県秩父市・飯能市の廃集落!

という訳で

こちらの記事では埼玉県秩父市&飯能市にある廃集落についてご紹介いたします。

秩父市と飯能市の主な廃村・廃集落は全部で9ヵ所あります。

その全ての廃村・廃集落に訪問して当サイト内の記事にてご紹介しておりますが、今回改めて集落の名前と集落の詳細を一覧でまとめました。

秩父市の廃集落・廃村

埼玉県秩父市内にある主な廃集落・廃村は次の通りです。

  1. 小倉沢集落
  2. 岳集落・嶽集落
  3. 茶平集落
  4. 栗山集落
  5. 山掴集落
  6. 冠岩集落
  7. 寄国土集落
  8. 有坂集落

1番は鉱山に関連する廃集落、2~8番は浦山ダム周辺に存在する廃集落です。

浦山ダム周辺の集落は林業を主な仕事として生活していたため、どの集落も山の中に存在します。そのため、現地へのアクセスが車以外の場合は訪れるのが少し大変かもしれません。

廃集落には、自家用車もしくはレンタカーでの訪問をオススメします。

小倉沢集落(読み方:おぐらさわ)

秩父鉱山・日窒鉱山・ニッチツ鉱山などと呼ばれている鉱山の麓にある「小倉沢集落」。

鉱山が栄えていた全盛期に約2000人が暮らしていた名残が各所に残っています。住居だけではなく、学校・店舗・診療所・公衆浴場などが取り壊されずに残っています。

鉱山自体は現在も現役で稼働しており関係者以外立ち入り禁止の場所もありますが、建物自体は一般道の脇に建っているため敷地外からでも十分に楽しめます。

なお、小倉沢集落は山奥にあるため公共交通機関はありません。自家用車もしくはレンタカーを利用する必要があります。

▲「小倉沢集落」を探索したときの記事はこちらからご覧いただけます。

岳集落・嶽集落(読み方:たけ)

浦山ダム周辺に複数ある廃集落の一つである「岳集落・嶽集落」。

3~4軒の住宅が建っていますが、どの建物も状態はあまり良くありません。訪問当時、原型を留めているのは1軒程度で、残りは半壊もしくは全壊していました。

集落の隣には現役の「十二社神社」も存在しています。

こちらの岳集落・嶽集落は、PlayStation2のホラーゲーム「SIREN(サイレン)」に出てくる『羽生蛇村(はにゅうだむら)』のモデルになった集落でもあり、曇りの日に訪れるとゲーム内の雰囲気と似た空間を楽しむことができます。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

▲「岳集落・嶽集落」を探索したときの記事はこちらからご覧いただけます。

山掴集落(読み方:やまつかみ)

浦山ダム周辺に複数ある廃集落の一つである「山掴集落」。

その名の通り“山を掴んだような”急斜面に7~8軒の住宅が建っています。探索中、人形や動物の骨、マネキンの生首にちょっぴり驚いたワクワク感満載の廃集落です。

岳集落・嶽集落同様、こちらの山掴集落もPlayStation2のホラーゲーム「SIREN(サイレン)」に出てくる『羽生蛇村(はにゅうだむら)』のモデルになった集落と言われています。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

▲「山掴集落」を探索したときの記事はこちらからご覧いただけます。

栗山集落(読み方:くりやま)

浦山ダム周辺に複数ある廃集落の一つである「栗山集落」。

8軒程の住宅が現存していて、どの住宅も、私が訪れた廃集落の中で一番いい状態が保たれていました。室内には食器や家電製品などの残留物が多く残っています。

集落も範囲が広く見応え十分な廃集落です。

▲「栗山集落」を探索したときの記事はこちらからご覧いただけます。

冠岩集落(読み方:かむりいわ)

浦山ダム周辺に複数ある廃集落の一つである「冠岩集落」。

県道73号線から登山道を15分程度歩いた先に残る、2軒の住宅と1軒の倒壊した住宅のある廃集落です。倒壊した廃屋に立っていた原付バイクに木漏れ日が当たっている風景が印象的でした。

また、探索を行った季節がら熊と思われる動物の痕跡や、集落内に吊るしてある「諸行無常」と書かれた怪しげなペットボトルも発見しました。

▲「冠岩集落」を探索したときの記事はこちらからご覧いただけます。

茶平集落(読み方:ちゃだいら)

浦山ダム周辺に複数ある廃集落の一つである「茶平集落」。

4~5軒の住宅が建っている集落で、うち1軒が全倒壊していました。3月に訪問、石垣に青々と生えていた沢山の苔が神秘的でした。

茶平集落といえば“赤色の掃除機”がネット上では有名です。

  

▲「茶平集落」を探索したときの記事はこちらからご覧いただけます。

有坂集落(読み方:ありさか)

浦山ダム周辺に複数ある廃集落の一つである「有坂集落」。

茶平集落の更に上、倒木を掻き分けながら登山道を数十分登ると、1軒の住宅が残っています。

この家の玄関には、電気料金の請求書が山のように挟まっていました。この1軒のためだけに数十分かかる山道を登る電気会社の方の苦労がはかり知れませんでした。

▲「有坂集落」を探索したときの記事はこちらからご覧いただけます。

寄国土集落(読み方:ゆすくど)

浦山ダム周辺に複数ある廃集落の一つである「寄国土集落」。

大部分は浦山ダムの底に沈んでしまいました。獅子舞のデザインが模られた「寄国土トンネル」の横に3軒の住宅が残っています。

▲「寄国土集落」を探索したときの記事はこちらからご覧いただけます。

飯能市の廃集落・廃村

埼玉県飯能市にある廃集落は、次の1か所のみです。

  1. 白岩集落

白岩集落へはバスを利用してのアクセス方法もありますが、最寄りのバス停から約3km山道を歩く必要があります。自家用車もしくはレンタカーでの訪問をオススメします。

白岩集落(読み方:しろいわ)

石灰が採掘できる鉱山があることから名付けられた「白岩集落」。

県道73号線は「鳥首峠」を境にして秩父市側と飯能市側で途中で途切れていますが、秩父市側には冠岩集落、飯能市側には今回の白岩集落があります。

かつて集落の麓では石灰の採掘作業が行われていました。


集落を探索中に鹿と遭遇しました。


石灰採掘現場の跡地。今でもトロッコの廃線跡が残っています。これが見られただけでもワクワクしちゃいました。

▲「白岩集落」を探索したときの記事はこちらからご覧いただけます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を書いた人

Nikon D800で写真を撮っています!
最近ではダムを巡ってダムカードを集めることにはまっています。

当サイト内のキャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。映像・画像の著作権は各著作物の権利者に帰属します。
Google関連コンテンツ

\SNSでシェアする/

YouTube channel

YouTubeチャンネル:廃墟・レトロ・珍スポット探索 / はうやし報告記〔仮〕

Subscribe Now!