「ヤマノススメ セカンドシーズン 第2期」舞台探訪(聖地巡礼)第7話 飯能市(飯能河原、大河原、吾妻峡など)

\SNSでシェアする/

どうも、マニアックなモノが大好き “ はうやし(@hauyashi) ” です。

TVアニメ「ヤマノススメ セカンドシーズン」第7話の舞台探訪(聖地巡礼)です。

写真は撮っていたものの記事を書かずにそのままになっておりました。鮮度はガタ落ちですが、少しずつ書き出していきますのでご覧頂けたら幸いです。

「ヤマノススメ セカンドシーズン」第7話 舞台探訪・聖地巡礼

今回の話では、主に飯能河原から吾妻峡・ドレミファ橋までのルートが描かれていました。
飯能駅から飯能河原を経由して吾妻峡までは徒歩で30分程度かかります。

聖望学園

ep07-01 
正門の脇からの景色。

割岩橋・飯能河原

ep07-02 ep07-02pic
ep07-04 ep07-04pic
ep07-05 ep07-05pic
飯能河原のシンボルともいえる赤い橋・割岩橋。
もうお馴染みの場所ですね。

飯能市シルバー人材センター付近

ep07-06 ep07-06pic
割岩橋を渡って道なりに進むと、左手にシルバー人材センターが出てきます。
そのすぐ右側にこの場所があります。

大河原木伐株式会社

ep07-07 ep07-07pic
シルバー人材センターを過ぎて1つ目の交差点に大河原木伐があります。

久下木材産業

ep07-08 ep07-08pic
大河原木伐から1つ目のT字路に面した場所に久下木材があります。

一時停止違反の取締りポイントです。
久下木材の前は丁字路になっており、横断歩道の前が一時停止箇所になっています。稀に一時停止違反の取締りが行われていますので、道路交通法違反には充分にご注意ください。

大河原交差点付近

ep07-09 ep07-09pic
ep07-10 ep07-10pic
久下木材から400メートル進むと大河原交差点があります。
その手前に「小」と書かれた蔵が建っています。

大沢橋

ep07-11 ep07-11pic
大河原交差点を右折して道なりへ。
200メートルほど進むと橋が見えてきます。

鉄工ヨシノ付近

ep07-12 ep07-12pic
橋から150メートルほど先にあります。

吾妻峡入口・永田方

ep07-14 
今まで来た大河原地区の道なりには無く、永田地区の方にあります。

八耳堂

ep07-15 
鉄工ヨシノから450メートルほど先にあります。
道路からは見えず、少し路地を入り込んだ場所なので見逃しに注意。

吾妻峡入口・大河原方

ep07-16 ep07-16pic
ep07-19 ep07-19pic
八耳堂へは入らずそのまま道なりに直進すると右側に空き地が見えてきます。
そのすぐ先に、キャンピングカーとボートが置いてあります。そこを右折すると吾妻峡の入口に到着します。

2018年3月現在、キャンピングカーとボートは撤去されてしまいました。

入間市桜山展望台

ep07-48 ep07-48pic
第1話でも登場した桜山展望台からの景色です。

  • 名 称:桜山展望台
  • 住 所:入間市下谷ケ貫925-8(地図で見る
  • 最寄駅:JR八高線 金子駅 もしくは 西武池袋線 仏子駅
  • 開放時間:
    4月から9月まで:9:00~17:30
    10月から3月まで:9:00~16:30
  • 休業日:無休
  • 駐車場:入間市農村環境改善センターの駐車場が利用可能・無料
  • 公式サイト:桜山展望台|入間市公式ホームページ

桜山展望台の詳細については当サイトの『「ヤマノススメ セカンドシーズン 第2期」舞台探訪(聖地巡礼)第1話 入間市桜山展望台』をご覧ください。

まるひろ飯能店・東飯能駅

ep07-37-3 
ep07-37-4 
ep07-37-5 
ep07-38 
ep07-39 

ヤマノススメ セカンドシーズン 舞台探訪マップ

「ヤマノススメ セカンドシーズン」の舞台探訪・聖地巡礼マップです。

当サイトで紹介した「ヤマノススメ セカンドシーズン」の全登場箇所を放送話ごとにマーキングしております。舞台探訪や聖地巡礼のお供にお役立ていただければ幸いです。

(探訪日:2015年)

キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。
作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を書いた人

Nikon D800で写真を撮っています!
最近ではダムを巡ってダムカードを集めることにはまっています。

当サイト内のキャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。映像・画像の著作権は各著作物の権利者に帰属します。
Google関連コンテンツ

\SNSでシェアする/

YouTube channel

YouTubeチャンネル:廃墟・レトロ・珍スポット探索 / はうやし報告記〔仮〕

Subscribe Now!