≪カメラ好き必見!≫ 7/16まで、年に一度のAmazon大安売りセール!プライムデーで大幅割引されているカメラ関連商品まとめ一覧 ➡

ラブライブ!サンシャイン!!『Aqours丸』に乗船!聖地「あわしまマリンパーク」へ

ラブライブ!サンシャイン!!
どうも、はうやし(@hauyashi)です。

静岡県沼津市にある無人島・淡島の水族館「あわしまマリンパーク」に行ってまいりました。

あわしまマリンパークは、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台となった場所でもあり、アニメの劇中に幾度も登場しました。

このため「ラブライブ!サンシャイン!! × あわしまマリンパーク」としてコラボレーションしており、島内の至る所にキャラクターのグッズやPOP、キャラクターの声を担当する声優さんたちの直筆サインなどが展示されています。

今回は、そんな淡島のラブライブ!サンシャイン!!コラボに着目して島内の様子をご紹介いたします。

―― 筆者が運営するYouTubeチャンネル ――

はうやし報告記(仮)YouTubeチャンネル

あわしまマリンパークのチケット売り場

あわしまマリンパークは、その名の通り「淡島」にある水族館です。無人島である淡島へは小型フェリーに乗って向かいます。

あわしまマリンパークのチケット売り場

あわしまマリンパークのチケット売り場

こちらのチケット売り場では、フェリーの往復運賃がセットになったあわしまマリンパークの入園券を販売しています。

チケットは、大人(中学生以上)1800円、小人900円です。

なお、公式サイトに掲載されている割引券の画面をスマホで提示すれば、大人200円・小人100円の割引が受けられます。あわしまマリンパークへ訪れる予定のある方は忘れずに提示しましょう。

ラブライブ!サンシャイン!!に染まる店内

さて、こちらのチケット売り場では、淡島に渡る前から既にラブライブ!サンシャイン!!一色に染まっています。

チケット売り場の入口に展示されている花丸ちゃんのサイン入りポップ

チケット売り場の入口に展示されている国木田花丸のサイン入りポップ

つい先日決定したAqours 4thシングルのセンターポジション総選挙で1位を獲得した国木田花丸のポップとそれを祝うメッセージが書かれた看板が、チケット売り場内に設置されていました。

ラブライブ!サンシャイン!!のガチャガチャやスタンプ等が置いてある

ラブライブ!サンシャイン!!のガチャガチャやスタンプ等が置いてある

そしてチケット売り場の隣の部屋には、ラブライブ!サンシャイン!!のガチャガチャとグッズが買える機械、沼津まちあるきスタンプのスタンプが設置されています。

壁に書かれたラブライブ!サンシャイン!!の声優9人の直筆サイン

壁に書かれたラブライブ!サンシャイン!!の声優9人の直筆サイン

さらに、後ろを振り返ってみると、ラブライブ!サンシャイン!!でキャラクターの声を務めている声優さん9名による直筆サインが壁に書かれていました。

淡島と本州を結ぶ小型フェリーに乗船(往路)

あわしまマリンパーク行きの船のりば

あわしまマリンパーク行きの船のりば

それでは、いよいよ淡島へ向かいましょう。

こちらの船乗り場から小型のフェリーに乗船します。乗船時間は約3分間。

チケットと淡島

チケットと淡島

チケット売り場で購入したチケットを持ってフェリーの到着を待ちます。
通常、フェリーの運行間隔は15分間隔で陸と淡島を行ったり来たり往復しています。

ラブライブ!サンシャイン!!のラッピングフェリー「アワシマ16号(Aqours丸)」

淡島とフェリー

淡島とフェリー

船のりばで待つこと数分、青色のフェリーがやってきました。

ラブライブ!サンシャイン!!がラッピングされたフェリー「アワシマ16号」

ラブライブ!サンシャイン!!がラッピングされたフェリー「アワシマ16号」

やってきたのは船全体がラブライブ!サンシャイン!!のラッピングで覆われたアワシマ16号。陸と淡島を結ぶフェリーとしてメインで使用されている船舶です。

以前は、白い車体に黄色とオレンジのラインが入っているシンプルな塗装でしたが、ラブライブ!サンシャイン!!の舞台として取り上げられてからアニメとコラボしたラッピングになりました。

ラブライブ!サンシャイン!!のラッピングが施されたアワシマ16号に乗船

ラブライブ!サンシャイン!!のラッピングが施されたアワシマ16号に乗船

早速、到着したアワシマ16号に乗り込みます。

客室内に書かれた声優の直筆サイン

客室内に書かれた声優の直筆サイン

客室内の壁に声優さんの直筆サインを発見しました。

アワシマ16号の客室後方デッキ

アワシマ16号の客室後方デッキ

客室から後方のデッキ部分に出てみると、こちらにも至る所に声優さんたちのサインやメッセージが書かれていました。

デッキのベンチに書かれた声優さんのサイン

デッキのベンチに書かれた声優さんのサイン

ベンチにもサインが書かれていました。
ここにサインを書かれたら恐れ多くて座ることができませんね。

黒沢ルビィ役 降幡愛さんの直筆サイン

黒沢ルビィ役 降幡愛さんの直筆サイン

黒沢ダイヤ役 小宮有紗さんの直筆サイン

黒沢ダイヤ役 小宮有紗さんの直筆サイン

国木田花丸役 高槻かなこさんの直筆サイン

国木田花丸役 高槻かなこさんの直筆サイン

桜内梨子役 逢田梨香子さんの直筆サイン

桜内梨子役 逢田梨香子さんの直筆サイン

高海千歌役 伊波杏樹さんの直筆サイン

高海千歌役 伊波杏樹さんの直筆サイン

松浦果南役 諏訪ななかさんの直筆サイン

松浦果南役 諏訪ななかさんの直筆サイン

渡辺曜役 斉藤朱夏さんの直筆サイン

渡辺曜役 斉藤朱夏さんの直筆サイン

小原鞠莉役 鈴木愛奈さんの直筆サイン

小原鞠莉役 鈴木愛奈さんの直筆サイン

津島喜子役 小林愛香さんの直筆サイン

津島喜子役 小林愛香さんの直筆サイン

一通りサインを撮影したところで、あっという間に淡島まで残り半分くらいの地点に到達していました。

アワシマ16号の後方デッキから淡島を眺める

アワシマ16号の後方デッキから淡島を眺める

淡島の中腹に見える茶色い建物は、2008年まで淡島と陸を結んでいたロープウェイ駅の建物です。ロープウェイ廃止後、暫らくの間はそのまま放置されていましたが、2017年にゴンドラとロープが撤去され、現在は建物だけが残っています。

もう一隻のラブライブ!サンシャイン!!ラッピングのフェリー「アワシマ13号」とすれ違い

もう一隻のラブライブ!サンシャイン!!ラッピングのフェリー「アワシマ13号」とすれ違い

陸と淡島を結ぶフェリーには、もう一隻、ラブライブ!サンシャイン!!のラッピングが施されたアワシマ13号も運航しています。アワシマ16号より一回り小さいサイズのフェリーです。

アワシマ16号の屋根にラッピングされたキャラクターたち

アワシマ16号の屋根にラッピングされたキャラクターたち

アワシマ16号の屋根にラッピングされた千歌ちゃん

アワシマ16号の屋根にラッピングされた千歌ちゃん

アワシマ16号は2階にもデッキがあり、こちらにもキャラクターたちのラッピングが施されています。

淡島に到着したアワシマ16号

淡島に到着したアワシマ16号

3分間というあっという間の時間でしたが、ラブライブ!サンシャイン!!一色にラッピングされたフェリーを楽しむことができました。

風景に溶け込むアワシマ16号

海原を駆け巡るラブライブ!サンシャイン!!ラッピングのアワシマ16号

海原を駆け巡るラブライブ!サンシャイン!!ラッピングのアワシマ16号

お休み中のアワシマ16号と淡島ホテル

お休み中のアワシマ16号と淡島ホテル

閉園が近づくとラッピングフェリー2隻のうち1隻の運航が終了します。この日はアワシマ16号が先に運航を終了しました。

上の写真の背景に写っている淡島ホテルは、アニメの劇中で小原鞠莉の実家として登場しました。アニメファンなら分かる、ラッピングフェリーと淡島ホテルの素晴らしいコラボレーションです。

小原鞠莉がラッピングされたピンク色の「シャイニー丸」

小原鞠莉がラッピングされたピンク色の「シャイニー丸」

また、すぐ近くには小原鞠莉がラッピングされたクルーザーも泊まっていました。こちらは「シャイニー丸周遊クルージング」として運航しています。

淡島水族館「あわしまマリンパーク」に上陸

淡島マリンパーク(淡島水族館)の入口に到着

淡島マリンパーク(淡島水族館)の入口に到着

そんなこんなで、あっという間に淡島に到着です。
写真を撮っていたらのんびりする時間がありませんでした。

メインステージでイルカショーを開催中

メインステージでイルカショーを開催中

淡島に到着すると、すぐ目の前があわしまマリンパーク(淡島水族館)になっています。到着時には目の前のスペースでイルカショーが行われていました。

淡島は島全体が水族館になっている訳ではなく、島内にはホテルや神社なども建っています。水族館は船乗り場から最も近い場所にあり、船乗り場から離れるにつれて建物がなくなったり閑散としてきます。

まずは、島の左側へ行ってみます。

淡島の概要が書かれた看板

淡島の概要が書かれた看板

メインステージの裏手通路を通って島の左方向へ。
こちらには淡島の概要が書かれた看板が設置されていました。

淡島の外周路

淡島の外周路

淡島の外周路です。
淡島の周囲は約2.5キロで、30~40分程度かけて1周することができます。

淡島から見た陸側の風景

淡島から見た陸側の風景

島から見た対岸の風景です。
陸と島の移動はフェリーで3分程度の距離なので、そこまで離れていません。

淡島ロープウェイの跡地(陸側)

淡島ロープウェイの跡地(陸側)

淡島ロープウェイの跡地(陸側)

淡島ロープウェイの跡地(陸側)

淡島から対岸にある淡島ロープウェイ乗り場の廃墟を撮影してみました。
この淡島ロープウェイは2008年まで運行、陸と淡島間の移動手段として利用されていました。

松浦果南の自宅として登場した「日本一のカエル館」

日本で一番多くのカエルを展示している「カエル館」

日本で一番多くのカエルを展示している「カエル館」

第2回センターポジション総選挙で1位を獲得したお祝いの幕

第2回センターポジション総選挙で1位を獲得したお祝いの幕

こちらのカエル館は、アニメの劇中で松浦果南の自宅兼ダイビングショップとして登場しました。
建物の前には、第2回センターポジション総選挙で見事センターを獲得した時の横断幕が掲示されています。

日本一のカエル館の室内の様子

日本一のカエル館の室内の様子

日本一のカエル館の室内の様子

日本一のカエル館の室内の様子

カエル館の室内は日本一を謳っているとあって、見たことの無い種類のカエルがたくさん展示されていました。

劇中のとある場面を再現して置かれた足ひれ

劇中のとある場面を再現して置かれた足ひれ

劇中のとある場面を再現して置かれた空気ボンベ

劇中のとある場面を再現して置かれた空気ボンベ

劇中のとある場面を再現して置かれたダイビング用品

劇中のとある場面を再現して置かれたダイビング用品

外のウッドデッキには、アニメの劇中を再現して、空気ボンベやウエットスーツ等のダイビング用品が置いてありました。

往復50分、急勾配な登山道の山頂にある「淡島神社」

淡島には山の頂上に神社があります。
この淡島神社は、アニメの劇中にも登場した場所で多くのファンが訪れています。

淡島神社の鳥居

淡島神社の鳥居

山頂の淡島神社へ繋がる登山口です。
右下の黄色い看板に書かれた説明文によると、山頂との往復で約50分かかるとのこと。こりゃ大変だ…!

劇場版「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」ヒット祈願の巨大絵馬

劇場版「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」ヒット祈願の巨大絵馬

麓には2019年1月に公開された劇場版「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」ヒット祈願の大きな絵馬が展示されていました。キャラクターの声を務める声優陣の直筆サインも書かれています。

淡島神社までの登山道

淡島神社までの登山道

登山道は結構な急勾配になっていて、少し歩いただけで息が上がってしまうほど。アニメの劇中ではトレーニングのためにこの坂道を走っていましたが、禁止されているので実際に走ることはできません。

淡島神社までの登山道

淡島神社までの登山道

こんな岩肌がむき出しのところも通路になっていました。気分はもう軽登山です。

山頂にある淡島神社の鳥居

山頂にある淡島神社の鳥居

麓から15分程度でしょうか、やっと山頂の淡島神社に到着しました。

淡島神社の参道

淡島神社の参道

淡島神社

淡島神社

こちらが淡島神社の本殿です。

淡島神社に関する説明看板

淡島神社に関する説明看板

淡島神社・淡島弁財天についての説明看板がありました。

淡島神社に奉納された絵馬

淡島神社に奉納された絵馬

淡島神社に奉納された絵馬

淡島神社に奉納された絵馬

本殿の手前には絵馬の奉納場所があり、ラブライブ!サンシャイン!!の絵馬が多く奉納されています。

あわしまマリンパーク内にある声優陣直筆サイン

あわしまマリンパーク内で見つけたラブライブ!サンシャイン!!の声優さんの直筆サインをご紹介いたします。

アシカプールの脇

沼津×ラブライブ!サンシャイン!! あわしまマリンパーク サイン入り横断幕

沼津×ラブライブ!サンシャイン!! あわしまマリンパーク サイン入り横断幕

ショップしまたろう(売店)

高海千歌&国木田花丸(高槻かなこ直筆サイン入り)のポップ

高海千歌&国木田花丸(高槻かなこ直筆サイン入り)のポップ

Aqours 3年生組3人の担当声優の直筆サイン入り絵馬

Aqours 3年生組3人の担当声優の直筆サイン入り絵馬

うみねCafe

Aqours一人ひとりの声優サイン入りうちわ

Aqours一人ひとりの声優サイン入りうちわ

Aqours一人ひとりの声優サイン入りうちわ

Aqours一人ひとりの声優サイン入りうちわ

黒沢ダイヤ&松浦果南(諏訪ななか直筆サイン入り)&小原鞠莉&津島喜子のポップ

黒沢ダイヤ&松浦果南(諏訪ななか直筆サイン入り)&小原鞠莉&津島喜子のポップ

松浦果南(諏訪ななか直筆サイン入り)ポップ

松浦果南(諏訪ななか直筆サイン入り)ポップ

海に浮かぶ「レストラン離宮 Mr.丼亭」で昼食

レストラン離宮 Mr.丼亭

レストラン離宮 Mr.丼亭

昼食は淡島にある「レストラン離宮 Mr.丼亭」で頂きました。

レストラン離宮 Mr.丼亭からの眺め

レストラン離宮 Mr.丼亭からの眺め

室内はどの座席からも海が見渡せるようになっています。今回案内された席からはイルカプールが一望でき、イルカショーを行っているところを見ることができました。

鉄火丼

鉄火丼

私が頼んだメニューは“レッド”という名のついた鉄火丼(1,300円・税込み)です。あわしまマリンパークのキャラクター「淡島うみね」が描かれた海苔が乗っていました。

ちなみに、こちらのお店のメニューにはラブライブ!サンシャイン!!とコラボした『Aqours丼』なる海鮮丼メニューもあります。

「Aqoursと同じく新鮮な具材9品を贅沢に盛り付けたスペシャルな海鮮丼」だそうなので、ラブライバーのな方は注文してみてはいかがでしょうか。

Aqoursメンバーのオリジナル海苔がランダムで1枚付いてくるそうですよ。

淡島と本州を結ぶ小型フェリーに乗船(復路)

さて、そろそろ閉園時間が近づいてきたので、これにて淡島をあとにします。

行きと同じく帰りもフェリーに乗船して陸まで帰還します。

ラブライブ!サンシャイン!!のラッピングフェリー「アワシマ13号」

ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングフェリー「アワシマ13号」

ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングフェリー「アワシマ13号」

帰りのフェリーは行きとは別の「アワシマ13号」がやってきました。こちらのフェリーにもラブライブ!サンシャイン!!のラッピングが施されています。

ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングフェリー「アワシマ13号」

ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングフェリー「アワシマ13号」

アワシマ16号とはまた違ったラッピングが楽しめます。

ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングフェリー「アワシマ13号」

ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングフェリー「アワシマ13号」

左右両方の窓には、Aqoursメンバーひとり一人のステッカーが貼られています。

ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングフェリー「アワシマ13号」

ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングフェリー「アワシマ13号」

帰りもあっという間の3分間でした。

今回タイミングが良く、ラブライブ!サンシャイン!!のラッピングが施された「アワシマ13号」と「アワシマ16号」の両方に乗船することができました。

ラッピングのデザインや内装も異なるので、淡島へ行かれる方は是非、タイミングを合わせて両方のフェリーの乗船にトライしてみてください。

【交通アクセス】あわしまマリンパークへの行き方

電車・バスを利用したあわしまマリンパークまでの行き方をご紹介いたします。
(最寄駅からのバスについての最新情報は東武バスの公式サイトでご確認ください。)

JR東海道線沼津駅から「東海バス」を利用して約30分。
1.「沼津駅バス停(南口8番乗場)」から「江梨・木負(きしょう)・大瀬崎行き」に乗車。
2.「マリンパークバス停」下車、すぐ。

伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅から「タクシー」を利用して約15分。
1.伊豆箱根鉄道の伊豆長岡駅からタクシーを利用

伊豆箱根タクシー ラブライブ!サンシャイン!!コラボタクシー 国木田花丸Ver.

伊豆箱根タクシー ラブライブ!サンシャイン!!コラボタクシー 国木田花丸Ver.

はうやし
はうやし
運が良ければ、ラブライブ!サンシャイン!!の痛車タクシーに乗れるかも!?

施設情報

関連コンテンツ

写真をメインに扱ったコンテンツを200記事以上執筆しています。
カテゴリーや関連記事から他の記事もご覧いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Nikon D800で写真を撮っています!
最近ではダムを巡ってダムカードを集めることにはまっています。

当サイト内のキャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。映像・画像の著作権は各著作物の権利者に帰属します。
ラブライブ!サンシャイン!!

YouTube channel

YouTubeチャンネル:廃墟・レトロ・珍スポット探索 / はうやし報告記〔仮〕

Subscribe Now!

はうやし報告記(仮)

コメント

タイトルとURLをコピーしました