【12月1日まで】Amazon公式サイトにてAmazonギフト券を5000円以上購入すると1000ポイント貰えるキャンペーンを実施中! ➡

浦山ダム管理20周年記念ダムカードを貰いに行ってきた!

ダム巡り
【当サイトの画像を著作権法第32条ならびに第48条の規定を満たさない状態での無断転載を禁じます】
どうも、はうやし(@hauyashi)です。

埼玉県秩父市にある「浦山ダム」では2019年4月に管理開始20周年を迎えました。

これを記念して浦山ダムに隣接した荒川ダム総合管理所にて、2019年4月1日から『浦山ダム管理開始20周年記念ダムカード』の配布が始まりました。

昨年2018年4月、同じ荒川系ダム「滝沢ダム」の10周年記念カードが配布されていた際に『来年は「浦山ダムが管理20周年」を迎えます。ということは・・・』という告知があった通り、浦山ダム20周年記念カードが配布されることになりました。

埼玉県の荒川水系ダム「滝沢ダム」の10周年記念ダムカードを貰いに行ってきた
埼玉県にある荒川系列のダム「滝沢ダム」が2018年4月に10周年を迎えました。 滝沢ダムは一級河川である荒川の治水...

というわけで、早速、記念ダムカードを貰いに浦山ダムに行ってまいりました!

 ダムカードはダムの概要が記載されたカード形式のパンフレットです。

そもそも『ダムカードってなに?』という方はこちらの記事にて詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

無料で貰えるダムカードとは…?初心者必見「ダムカード」の見方・貰い方を徹底解説!
最近、ひそかに人気を集めているダムカードについて詳しくご紹介いたします。※新型コロナウイルスの影響により、国土交通省・水資源機構が管理するダム等において、ダムカードの配布を一時休止していましたが、2020年11月1日(日)からダムカードの配
国内に500種類以上存在している“ダムカード”の基本について解説!

―― 筆者が運営するYouTubeチャンネル ――

はうやし報告記(仮)YouTubeチャンネル

管理開始20周年を迎えた「浦山ダム」

浦山ダムに隣接する荒川ダム総合管理所

浦山ダムに隣接する荒川ダム総合管理所

通常・記念ダムカードを含め、浦山ダムのダムカードを配布している場所は、浦山ダムに隣接している「荒川ダム総合管理所」です。

こちらの建物の1階にある内線電話もしくはインターホンでダムカードが欲しい旨を伝えます。

浦山ダム管理開始20周年記念ダムカードをGET!

というわけで無事にゲットです!

今回ゲットした「浦山ダム管理開始20周年記念ダムカード」等

今回ゲットした「浦山ダム管理開始20周年記念ダムカード」等

見てお分かりの通り、青色の「通常版ダムカード」とピンク色の「浦山ダム管理開始20周年記念ダムカード」の他に、黒色の「天皇陛下御在位三十年記念ダムカード」の計3枚を1度に貰うことができました。

浦山ダムでは2019年2月末から5月末まで配布されている天皇陛下御在位三十年記念ダムカードの配布対象になっているので、配布期間内に訪れれば3枚一緒に貰えてラッキーですね。

全169種類!国交省管轄ダムで「天皇陛下在位30周年記念ダムカード」発行決定について
記念ダムカードについての情報です。2019年2月24日に天皇陛下の在位30周年を記念した式典が開催され、これを機に、天皇陛下在位30周年を記念した慶祝行事などが関係各所で行われます。その一環として、国土交通省および独立行政法人水資源機構では

本命の浦山ダム管理開始20周年記念ダムカードは、桜の花びらがあしらわれたピンクの可愛らしいデザインです。4月に20周年を迎えたこと、ダム湖名が「秩父さくら湖」というところからこのデザインにしたことでしょう。

浦山ダムのダム湖名は秩父さくら湖

浦山ダムのダム湖名は秩父さくら湖

一時在庫が無くなり増刷、再配布を実施中

浦山ダム管理開始20周年記念ダムカードですが、4月1日の配布開始から僅か12日程度で在庫が無くなってしまいました。

在庫が無くなってしまったというお知らせの11日後

記念ダムカード配布再開のお知らせがありました。

天皇陛下御在位三十年記念ダムカードの効果と、街の中心部から比較的アクセスが良いところにあるため、ダムに訪れる方が多いのでしょう。

2019年4月末現在、浦山ダム管理開始20周年記念ダムカードの配布は再開されています。増刷された記念ダムカードの枚数等は公表されていないので、欲しい方は早めに訪れることをオススメします。

ダムカード配布情報

はうやし
はうやし
記念カードは基本的に無くなり次第終了です。欲しい方はお早めに!

コメント

当ブログの動画版【YouTubeチャンネル】もございます。ぜひとも、ご覧くださいませ!
YouTubeチャンネルはコチラ
当ブログの動画版【YouTubeチャンネル】もご覧ください!
YouTubeを見る
タイトルとURLをコピーしました