航空機一覧

ロービジ塗装のT-4も登場!T-4練習機による入間航空祭&予行練習の模様(航空自衛隊 入間基地)

2018年11月3日に航空自衛隊入間基地にて『入間航空祭』が開催されました。 こちらの記事では、入間航空祭に参加した司令部支援飛行隊の「T-4練習機」について、予行練習の風景と、航空祭当日の模様をあわせてご紹介いたします。 また、T-4の入間基地創設60周年記念塗装機についてもご紹介いたします。 入間基地創設60周年記念 ロービジ塗装のT-4 登場 航空自衛隊「入間基地」は今年・2018年に基地創設60周年を迎えます。 この60周年を記念して、入間基地所属のC-1輸送機に歌舞伎の記念塗装が登場したことが話題になり、ご存知の方も多いと思います。 C-1の歌舞伎塗装についてご存じない方はこちらの記事をご覧ください。 2018年10月中旬、そんなC-1の記念塗装に続き、入間基地所属のT-4練習機にも60周年記念塗装のT-4が1機登場しました。 入間基地60周年記念塗装 ロービジ塗装 T-4 C-1の歌舞伎塗装に比べて特別塗装のド派手さはまったくありませんが、こちらが入間基地創設60周年を記念したロービジ塗装のT-4(36-5706)です。 ロービジ塗装とは、低視認性塗装・目立たない塗装のことを示します。 対義語として「ハイビジ塗装」もあり、高視認性塗装・目立つ派手な塗装のことを示します。 T-4の通常カラーは翼の先端がオレンジ色に塗られていますが、記念塗装はグレーに塗られています。また、尾翼の所属マークもオレンジや黄色からモノクロに変更されました。 尾翼の所属マークは、2016年初期まで使用されていた大きいものが採用されています。 こちらが2016年初期までのT-4の姿。機番36-5708の上に描かれている所属マークが大きいものから、現在は小さいものに変更されています。(現在の小さいマークについては、以下の写真でご確認ください。) 2018年10月31日 T-4×7機 入間航空祭・予行練習 ここからは、入間航空祭に伴う予行練習風景をご紹介いたします。入間基地のT-4の展示飛行は全7機で行います。 この日は、予行練習を7機通しで行う初日。 予定時刻になり、ランディングを開始したT-4を見て歓喜。 今年は、入間基地に1機だけいる紅白塗装(通称:レッドドルフィン)が先頭で姿を現しました。7機の大迫力ランディングを真正面で確保! レッドドルフィンが先頭でやってくるシーンは今回初めて撮影することができました。 この日はどういう訳かランディングを2回行った(エプロン→誘導路→滑走路→W5→誘導路→滑走路→離陸の順)ため、正面と横からの2回ランディングを撮影することができました。 こちらが入間基地に1機だけいるレットドルフィン(16-5797)。今年2018年にやってきた機体です。数年前にもレットドルフィンが1機いましたが、それとはまた別の機体です。 レットドルフィンに続き、ランディングするT-4。 1回目のパス。 2回目のパス。 3回目のパス。 3回やり直しを行っていました。それぞれの写真の後方4機の位置を見ていただければ分かると思いますが、位置の確認をしていたようです。 最後にカッコよくブレイクして着陸。 2018年11月2日 T-4×7機 入間航空祭・予行練習 入間航空祭前日の予行風景です。 この日もランディングを2回行いました。   後で気が付いたのですが、1回目と2回目でレットドルフィンの立ち位置が変わっています。 2018年11月3日 T-4×7機 入間航空祭・当日 入間航空祭当日の展示飛行の模様です。入間基地内エプロン、管制塔のやや左側から撮影しています。 毎年11月3日は晴れの特異日と言われており、今年の入間航空祭も快晴で申し分ないロケーションの中開催されました。 予行でやり直しを行っていたこちらの科目、なにかと思えば、少し早いクリスマスツリーだそうです。 T-4のロービジ塗装機については、オープニングフライトの天候視察で1度飛んだのみで、その後は、エプロンにて地上展示されていました。 入間航空祭2018 関連記事 ▲C-1輸送機に関する入間航空祭予行&当日の様子をご紹介しております。

記事を読む

歌舞伎の特別塗装になったC-1も参加!2018年の入間航空祭&予行練習風景(航空自衛隊 入間基地)

2018年11月3日に埼玉県狭山市にある航空自衛隊「入間基地」にて入間航空祭が行われました。 この入間航空祭の開催に伴い、10月中旬頃より入間基地所属の航空機が本格的な予行練習を開始しました。 今回の記事では、そのうちのC-1輸送機に注目して、予行練習の様子から航空祭当日までの様子をまとめてご紹介いたします。 また今回は、多くの人の注目を集めている“歌舞伎塗装”となったC-1輸送機についてもご紹介いたします。 T-4練習機の60周年記念塗装、航空祭の練習・本番の風景はこちらの記事をご覧ください。 (2018年11月3日追記) 入間航空祭当日に撮影した写真もあわせて掲載しています。 入間基地創設60周年 記念塗装機について 入間基地は今年2018年に基地創設60周年を迎えます。 これを記念して、航空機の塗装を記念のスペシャルマーキングに変更した機体が登場しました。 歌舞伎のスペシャルマーキング C-1 が登場 入間基地所属の第2輸送航空隊が保有するC-1輸送機。そのうちの1機(026号機)に60周年記念塗装が施され、10月5日に報道公開、10月9日に初飛行を行いました。 こちらが歌舞伎の特別塗装・スペシャルマーキング(通称スペマ)となったC-1(78-1026)です。紅白の塗装でとてもカッコイイデザインに仕上がっています。 実はこちらの歌舞伎塗装、10年前の50周年記念の時に実施しようと考えられていたそうなのですが、当時は実施することができず今回10年越しに実施されました。 入間航空祭2018 地上展示にて(C-1歌舞伎塗装) 2018年11月3日に行われた入間航空祭にて、60周年記念塗装の歌舞伎C-1が展示されました。特別塗装の気になる細部を見ることができましたので追加で写真を掲載いたします。 正面から。 エンジンカバーも特別塗装にあわせて歌舞伎がデザインされたものが用意されていました。 頭に書かれている「弐」の文字は、C-1が所属している第2輸送航空隊の「2」を表しています。 エンジンに描かれているロゴマーク。 尾翼。 歌舞伎塗装の実施期間について 歌舞伎塗装の実施期間についてです。 公式からの正式な終了日については発表されていませんが、噂では年内には元の塗装に戻されるようです。 噂なので確定情報ではありませんが、撮影できる時撮影しておいた方がよろしいかと思います。 C-1×4機 展示飛行 入間航空祭の予行練習 2018年10月17日、第2輸送航空隊・第402飛行隊・C-1輸送機による航空祭の予行練習が行われました。 天候は曇り空でイマイチだったので、歌舞伎塗装のスペマ中心に撮影した写真をご紹介いたします。 予定時刻が近づき、スペマ機が先頭でタキシングしてきました。同じように航空祭当日もスペマ機が先頭で展示飛行が行われるようです。 今年のC-1は、2機減って4機での展示飛行となります。 ダイヤモンド隊形。 ファンブレイク。 全部で7科目の展示飛行を終えて全機着陸しました。 入間基地の航空祭と言えば大編隊で飛ぶC-1が名物とも言えるので、2機少なくなってしまった分、少し物足りないかもしれません。 C-1×4機 展示飛行 入間航空祭当日の模様 C-1輸送機 4機による入間航空祭当日の展示飛行の模様をご紹介いたします。 予行練習同様、歌舞伎塗装を先頭に編隊が組まれました。 歌舞伎塗装と通常塗装の2機によるファンブレイク。 鮮やかな機体が青空に映え、とても美しい姿を見せてくれました。  C-1名物の空挺降下。 最後にブレイクで〆。 T-4 練習機 T-4練習機の60周年記念塗装、航空祭の練習・本番の風景はこちらの記事をご覧ください。 2018年10月17日、C-1予行練習の合間に撮影したT-4練習機をご紹介いたします。 紅白塗装のT-4 16-5797 #797 C-1の予行が終了したと同時に登場。ハイスピードタキシーを実施して、そのままエプロンに戻っていきました。 ロービジ塗装のT-4 36-5706 #706 つい先日登場したロービジ塗装のT-4です。 #797がエプロンに戻った後、離陸していきました。 このロービジ塗装も、入間基地の創設60周年を記念した特別塗装だそうです。

記事を読む

2017.11.07 トランプ大統領初来日、横田基地にVC-25Aが2機飛来(エアフォース・ワン)

2017年11月5日(日)から7日(火)までの日程でアメリカのトランプ大統領が来日のため、横田基地にVC-25Aが飛来しました。 5日の飛来は撮影することができませんでしたので、7日の離陸を狙いに行ってきました。 至るところに警察官が立っている厳戒態勢の中、18エンドの午前ポイントへ。エアフォースワンを狙うべく多くの航空ファンが集まっていました。 C-40B(01-0040) 9時8分。まずは R/W36 から C-40B が離陸しました。 SAMカラーのC-40は初撮影でしたが、ピントが甘かったため不満の残る結果になりました。 VC-25A (92-9000) C-40Bの離陸から1時間後の10時7分。 VC-25A エアフォースワン が R/W36 から離陸しました。 光線状態はあまり良くありませんでしたが、最高の上がり方で離陸していきました。 VC-25A (82-8000) 10時10分。エアフォースワンに続いて随行機も上がりました。 前回はC-32Aで運航された随行機も今回はVC-25Aだったため、2機とも効率よく撮影することができました。

記事を読む

2017.06.02 横田基地に韓国空軍C-130Hが飛来

2017年6月2日、米軍A-10、米軍F-16、韓国空軍F-16などが多数飛来していたため上がりを狙いに横田基地へ向かいました。 KC-135R(63-7978) KALITTA(N741CK) イーストタキシーするカリッタエア。 ちょうどいい切り位置で曇りました...。 韓国空軍 (ROKAF : Republic of Korean Air Force) C-130H(95-178) F-16の支援に来た韓国空軍のC-130H。 遠めで見たときに空自の機体が降りてきたのかと思ったら、まさかの韓国空軍。整備員を乗せてきたのでしょうか。 KC-135R(ANG 57-1430) ニューハンプシャーANG。 レアな機体がやってきました! 朝から粘っていたものの、お目当ての機体は撮れませんでしたが、何とか収穫があって助かりました。

記事を読む

2017.05.06 無人偵察機「RQ-4“グローバルホーク”」、ミッションを終え日中の横田基地に帰投

2017年5月1日より台風避難のため、無人偵察機「RQ-4“グローバルホーク”」が横田基地に展開しています。 例年は台風避難の際、三沢基地に展開するのですが、今年は三沢基地の滑走路改修工事と時期が重なっており三沢基地の滑走路が閉鎖されるため、今年に限っては横田基地に展開することとなりました。 (北関東防衛局公式サイト) 米空軍グローバルホークの横田飛行場への一時展開(暫定措置)について [pdf] 予定では、グアムにあるアンダーセン基地から5機のグローバルホークが飛来する予定ですが、本日(6日)現在は横田基地には3機のグローバルホークが飛来しています。 1機目:2017年5月1日 23時頃 2機目:2017年5月2日 25時頃 3機目:2017年5月4日 7時頃 にそれぞれ飛来しています。 そして本日昼すぎ、昨日(5日)20時頃にミッションのため離陸していた1機が横田基地に帰投しました。 グライダーのような長い羽根を広げて姿を現したグローバルホーク。 無人のため窓ガラスも無く、偵察機らしい如何にも怪しいフォルム。どこかクジラにも似ているような...。 RQ-4B [112049] 通常、ミッションは暗い時間帯に行われるようで、明るい時間帯に撮影できたのはラッキーでした。グローバルホークは1回の飛行で36時間程度飛べるようですが、今回は16時間程度飛行していたものと思われます。 私自身、今回始めての撮影となりましたが10月まで横田基地に展開予定なので、それまでに幾度か日中に撮影できるチャンスがあれば嬉しいですね。

記事を読む

2017.02.03 マティス国防長官来日に伴い横田基地に「E-4B“ナイトウォッチ”」が飛来

2017年2月3日(金)、横田基地に「E-4B “ナイトウォッチ”」が飛来しました。 2月1日から4日までマティス国防長官が韓国と日本を訪問する予定となっており、国防長官が搭乗するE-4Bが飛来しました。 アメリカ本土から韓国(オーサン基地)へ飛来した後、日本(横田基地)へ飛来したことになります。 国防長官をお出迎えするために飛来したブラックホーク。 E-4Bが飛来する10分ほど前に全4機がR/W36からアプローチしていきました。 E-4B(74-0787) 雲ひとつない青空の下、R/W36からアプローチ。 こんなにいい天気の中でE-4Bを撮影したのは今回が初めてでした。 同機は4日にアメリカ本土へ向けて離陸するもとの思われます。

記事を読む

2016.12.05 カーター国防長官来日に伴い横田基地に「E-4B“ナイトウォッチ”」が飛来

2016年12月5日(月)に「E-4B“ナイトウォッチ”」が横田基地に飛来しました。 これはカーター国防長官の来日に伴うもので、横須賀基地へ訪問しヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」の視察と、防衛省にて防衛大臣と会談するのが目的です。 E-4B(75-0125) 当日のアクティブはR/W36でしたが、R/W18から降りてきました。 36降りと予想していて、飛来してくるアプローチを撮りたかったのですが、、、 同機は、7日にインドへ向けて横田基地を離陸していきました。

記事を読む

2016.11.03 快晴の中開催された入間基地「入間航空祭2016」

2016年11月3日に航空自衛隊入間基地にて「入間航空祭2016」が開催されました。 前日の雨が嘘のように止み、雲ひとつない晴れ晴れとした天候の中、各機体の展示飛行を撮影することができました。 天気報では雨のち晴れとなっていたせいか朝から晴天だったのも関わらず、来場者数はここ数年で一番少ない13万人だったようです。2013年の32万人に比べるとだいぶ少ない来場者数ですが、エプロン地区にいる時はさほど少ないとは感じませんでした。 ■入間基地所属/総隊司令部飛行隊(T-4)展示飛行 今年の6月頃に入間基地に1機だけ配備された赤いT-4も展示飛行に参加しました。 1枚目の「V字」は、今年のオリンピックでメダルを多く獲得したお祝いだそうです。 ■入間基地所属/第402飛行隊(C-1、U-4)展示飛行 既に引退した機体や後継機のC-2の量産機が登場している昨今。 入間航空祭の目玉とも言えるC-1の大編隊はそろそろ見納めでしょうか。 ■松島基地所属/第11飛行隊(T-4ブルーインパルス)曲技飛行 若干雲が出てきてしまいましたが、堂々の1区分の実施でした。 最近追加された新課目「フェニックスロール」も披露され、初めて見ることができました。 ■以下、地上展示機の帰投です。 F-15J(第303飛行隊・第306飛行隊/小松基地所属) 両機1機ずつ離陸し、上空で密集して会場上空を1回ローパスした後、帰って行きました。 SH-60K(第21航空隊/館山基地) AH-1S(第1飛行隊/木更津基地) UH-1(第2飛行隊/立川基地) OH-6D(本部付隊/立川基地) EC135P2+(埼玉県警/入間基地) 航空祭では久しぶりに展示されました。 U-125A(百里救難隊/百里基地) C-130H(第401飛行隊/百里基地)

記事を読む

2016.10.24 「入間基地航空祭」開催に伴う予行練習を実施(T-4)

入間航空祭が来週に迫った10月24日。 快晴という素晴らしい天候だったため、T-4の予行練習を撮影しに行ってきました。 今週から本格的に始まった予行練習。 本日は、C-1×3機、CH-47J×2機、T-4×5機が予行を行いました。 T-4の予行は16時00分頃から16時40分頃まで。 基地の公式サイトで発表されている時間より30分遅くスタートしました。 T-4(26-5675)(76-5757)(96-5776)(46-5711)(56-5735)[中空司令部支援飛行隊/入間基地] 今回行われた課目を見て内容がリニューアルされており、いつもに比べて少々大人占めに感じられました。やり直していた課目があり全ての課目を行っていないかも知れませんので、今後に期待したいところです。 YS-11FC(52-1151)[飛行点検隊/入間基地] T-4が練習をしている合間に飛んでいきました。今年は、電子飛行測定隊墜落事故の影響か、航空祭での展示飛行はありません...。

記事を読む

2016.10.13 入間基地「空軍参謀長等招へい行事」開催、XC-2初号機も飛来

2016年10月13日、航空自衛隊入間基地にて「空軍参謀長等招へい行事」が行われました。 日本航空宇宙工業会が主催する2016年国際航空宇宙展の開催に併せて行われたもので、各国のお偉いさん達が集まりました。 前記事で掲載したT-4、C-1、F-2、F-4、F-15などによる予行同様の展示飛行とXC-2の搭乗体験も行われ、今回の一番の目玉となったXC-2初号機が初飛来となりました。 搭乗体験を終えてR/W17から降りてきたXC-2(68-1203)[飛行開発実験団/岐阜基地] 203号機はC-2量産初号機で、XC-2と呼ぶよりC-2と呼んだ方がよいかもしれません。 (※試験用に作られた機体は、機種の頭にXがついてXC-2のように呼ばれます。) T-4(66-5604)[飛行開発実験団/岐阜基地] 203号機の随伴として上がったT-4も続けて降りてきました。 体験搭乗終了後、任務を終えた203号機はC-1FTBとともに13時頃に一足先に岐阜基地へ帰投。 最初にR/W17から上がったのはC-1FTB(28-1001)[飛行開発実験団/岐阜基地] 続けて203号機も離陸しました。 その後、14時40分頃から各機による展示飛行が開始されました。 既にご覧のように当日の天気は曇りのため、機体が映えないので展示飛行の写真は割愛します。 展示飛行が終わり、行事も終了したであろう16時頃、前日に初飛来していたXC-2初号機の帰投が始まりました。 まずは随行機のT-4(66-5604)がR/W17より離陸、続いてXC-2が離陸しました。 XC-2(08-1201)[飛行開発実験団/岐阜基地] 以前、岐阜基地に訪れた時には見ることができなかった201号機を、まさか入間基地で見ることができるとは思ってもいませんでした。天気はよくありませんでしたが、この機体を見ることができただけで満足です。

記事を読む

2016.10.06 入間基地「空軍参謀長等招へい行事」開催に伴う予行を実施

2016年10月13日に航空自衛隊入間基地にて予定されている「空軍参謀長等招へい行事」の予行練習がここ数日間行われています。 この行事では約20分間、入間基地所属のT-4やC-1をはじめ、各基地からF-2、F-4、F-15などの機体がリモートでローパスを行います。 また、岐阜基地からXC-2も地上展示される予定になっているため、入間基地への飛来が予定されています。 10月6日は、予行と地上展示機の帰投を撮影しました。 まずは予行のローパス。 CH-47J→UH-60→YS-11FC→U-125A→U-4と通過(写真割愛)。 C-1(入間基地) T-4(入間基地) F-4(岐阜基地) F-15J(小松基地) F-2B(松島基地) 最後にC-1によるコンバットピッチ。 以上でローパスは終了し、各機体はそのまま所属基地に向けて会場を離脱。 ここからは、地上展示の帰投。 予行に合わせて地上展示される機体も飛来していました。 前日に岐阜基地から飛来したC-1FTBとXC-2。 XC-2の随行で来たC-1FTB。 今回の予行で入間基地に初飛来となったXC-2。 以前、岐阜基地の航空祭で撮影したことがありましたが、地元で見ると新鮮味がありました。 F-2A [93-8545] 第8航空団/第6飛行隊(築城基地) 第6飛行隊のF-2が入間基地に飛来したのは今回が初だそうです。 1日で、しかも入間基地で2つの飛行隊のF-2を見ることができました。 今後も、予行ならびに本番が控えています。 都合がつけば、またエンド展開しようと考えています。

記事を読む

2016.09.17 オーストラリア空軍機も展示された「横田基地 日米友好祭2016」

2016年9月17日と18日の2日間、東京都福生市にあるアメリカ空軍の横田基地にて「日米友好祭2016」が開催されました。 会場では毎年航空機の地上展示も行われ、今年も日本国内外から各種航空機が集まりました。 比較的天気のよかった17日に撮影してきましたので、簡単にご紹介します。 A-10C(80-0283) A-10(80-0153) F-2A(43-8524) 展示機の事前発表で目玉となる機体が無いなと感じていたところ、三沢基地から特別塗装(スペシャルマーキング/スペマ)のF-2Aがやってきてくれました。 RF-4E(47-6905) 洋上迷彩となったRF-4Eが百里基地から飛来しました。 F-16CM(90-0710) 韓国のオーサン基地から飛来した司令官指定機のF-16。 F-16DG(90-0780) F-15J(52-8952) P-8A(LA436 168436) KC-30A(A39-003) 今回のサプライズ、オーストラリア空軍のKC-30Aです。 まさか米軍以外の機体が展示されるとは思ってもおらず、今回一番の収穫となりました。 友好祭翌日(19日)の帰投シーン。 小雨の降る中、展示された各機体がそれぞれの基地へと帰っていきました。

記事を読む

2016.09.09 「VC-25A “エアフォース・ワン”」 横田基地に3ヶ月ぶりの飛来

2016年9月9日(金)の午前0時すぎ、アメリカのオバマ大統領を乗せたVC-25A「エアフォース・ワン」が横田基地に飛来しました。 これはASEAN首脳国会議を終えたオバマ大統領が、ラオスにあるワットタイ国際空港から帰路の途中で給油のために立ち寄ったものです。 2時間弱の滞在を経て、ワシントンへ向けて離陸していきました。 “Air Force One” VC-25(28000) 深夜のため記録程度に撮影しました。 なんとなく、VC-25Aだということがお分かりいただけるかと思います。

記事を読む

2016.05.22 横田基地に「VC-25 “エアフォース・ワン”」が給油のため飛来

2016年5月22日(日) アメリカのオバマ大統領を乗せた VC-25 “エアフォース・ワン” が横田基地に飛来しました。 これは23日から25日にかけてオバマ大統領がベトナム・ハノイを訪問するための行路の途中に給油のため一時的に立ち寄ったものです。 当初の予定では18時頃の到着予定でしたが、予定が少し早まり明るい時間帯に撮影することができました。 横田基地周辺では、26日から行なわれる伊勢志摩サミットやオバマ大統領広島訪問などをうけて、警察官が一定の間隔で配置されて警備にあたるなど厳戒態勢が敷かれていたため基地から少し離れた場所から撮影しました。 "Air Force One" VC-25(28000) R/W18からアプローチするVC-25を順光でおいしくいただきました。 "SAM" C-32A(90015) 随行機はC-32でした。 両機は着陸から1時間弱でベトナムへ向けて離陸していきました。 一行はベトナム訪問後、日本・中部国際空港セントレアへ飛来する様です。

記事を読む

2016.05.04 横田基地に「AV-8B “ハリアーII”」が飛来

2016年5月3日(火)にAV-8B(通称:ハリアー)が厚木基地に2機飛来しました。 翌日の4日には厚木基地を離陸して横田基地へ飛来しました。 その後、横田基地を離陸し、再び厚木基地へ戻りました。 横田基地への飛来は撮影できませんでしたが、離陸の転がりを狙いに横田基地へ行ってきました。 VMA-214 "Black Sheep" AV-8B (WE-03) #03はチャーリーから滑走路へ。 VMA-214 "Black Sheep" AV-8B (WE-01 165580) 今回の大目玉、色つきの#01はブラボーまで来てくれました。 が、残念なことにピントが尾翼に合ってしまいました... ハリアーを撮影したのは今回が初めてだったのですが、初めての撮影が色つきとは贅沢でした。 当日の天気予報は「雨」 朝方は予報どおり雨が降っていましたが、止んでからは雲ひとつない快晴に。 申し分ない天候の中撮影できて最高でした。

記事を読む

2015.11.03 大型輸送機C-1の機動飛行が名物、2015年「入間航空祭」に参戦

2015年11月3日に入間基地にて入間航空祭が開催されました。 今年はオープニングから帰投まで空には雲が殆どなく、ここ数年で最高の天候でした。 撮影した写真の中からいくつか簡単にご紹介します。 T-4 中部航空方面隊司令部支援飛行隊(入間基地) C-1 第402飛行隊(入間基地) T-4BI 第11飛行隊(松島基地) SH-60K 第211,212飛行隊(館山航空基地) UH-60J 百里救難隊(百里基地) OH-1(立川駐屯地) OH-6(立川駐屯地) P-3C 第31,32飛行隊(厚木航空基地)

記事を読む

2015.10.11 2015年観艦式、入間基地にブルーインパルスが飛来(ドロップタンク付き)

本日(10/11)、18日に開催される観艦式に参加するブルーインパルス(#1~#6、予備機)が入間基地に飛来しました。 観艦式へは入間基地からのリモートで行われる予定で、約1週間入間基地にステイします。 本日はドロップタンク付きで飛来しました。 私自身、ドロップタンク付きのブルーインパルスを撮影したのは初めてかもしれません。 ドロップタンクを付けたブルーインパルスはちょっと新鮮。 T-4BI #4(66-5745) 当日の天気は雨模様。入間基地周辺では雨は上がっていましたが濃霧。 着陸に苦戦しておりました。 T-4BI #5(46-5728) T-4BI #6(46-5725) T-4BI #3(46-5729) T-4BI #1(46-5731) T-4BI #2(46-5726) 予備機も飛来しましたが、なぜかエンドまで来てくれませんでした…。

記事を読む

2015.04.26 横田基地に「EA-18G“グラウラー”」と「EA-6B“プラウラー”」が飛来

2015年4月24日(金) EA-18G(通称グラウラー/三沢基地所属)x3機、EA-6B(通称プラウラー/岩国基地所属)x2機が横田基地に飛来しました。 2015年4月25日(土) EA-6Bがローカルで離着陸を行いました。 2015年4月26日(日) それぞれの基地に帰投しました。 帰投の様子を撮影してきましたのでご紹介します。 Twitterでプラウラーのキャノピーがオープンとの情報をキャッチして午後順光ポイントへ出撃。 現地にて1時間程度待機していると・・・。 RW18に向けたタキシーするグラウラー。ブラックレイブンズ所属。 VAQ-135 EA-18G(NL-524 166944) VAQ-135 EA-18G(NL-523 168388) VAQ-135 EA-18G(NL-522 166942) グラウラーに続いてプラウラーもタキシーを開始。 プラウラーはデスジェスターズ所属。 変ちくりんな“顔”をしているプラウラー。 念願叶って快晴の中で撮影することができました。 VMAQ-2 EA-6B(CY-03 163888) VMAQ-2 EA-6B(CY-01 163526) この後、RW18より爆音を響かせて5機とも飛び立っていきました。 グラウラーとプラウラーが同時に撮影できるなんてウマウマでした。

記事を読む

2014.11.19 エアバスA350-900(MSN005/F-WWYB)、AIB102便で日本(羽田空港)に初飛来

本日(11/19)、羽田空港にエアバス社のA350-900(MSN005/F-WWYB)試験飛行機が、韓国ソウルの金浦空港から飛来しました。 A350-900(MSN005/F-WWYB)は現在アジアツアーを行っており、JALが2019年より導入することを受けて、今回日本に初飛来しました。 事前の情報からR/W34Lに着陸すると予想、浮島町公園に行きました。 今回の予定では、日本には3日間の滞在で、明日は関係者向けに公開・デモフライトを実施、明後日に日本を発つ予定になっています。

記事を読む

2014.05.31 「SAYONARA国立競技場FINAL “FOR THE FUTURE”」 ブルーインパルス本番

国立競技場にて「SAYONARA国立競技場FINAL “FOR THE FUTURE”」が行われ、ブルーインパルスが展示飛行を行いました。ということで、前日の予行に引き続き行ってまいりました。 前日とは場所を変えての撮影です。 本番当日ということで、前日の予行の時には無かった国旗が掲揚されていました。 なのでこれを絡めないわけが無い! 正面から狙いました。 思ったよりも高度が高めでした。 近くにヘリのトラフィックがあったようで、その影響かと思われます。 本日のベスト。 旗がいい感じに靡いてくれました! 少々構図を変えて。 この後、ブルーインパルスは入間基地へ着陸。 松島基地への帰投は翌日でした。 なお、今回の使用波は、入間TWR→東京TCA→入間TWRでした。

記事を読む