2017年02月一覧

歩いて渡れる海底トンネル、神奈川県川崎市「川崎港海底トンネル(人道トンネル)」

神奈川県川崎市には千鳥町と東扇島を結ぶ、海底トンネル「川崎港海底トンネル(人道トンネル)」が存在します。 この海底トンネルは自動車が通れるのはもちろんのこと、全国でも数少ない“歩いて渡れる”珍しい海底トンネルで、歩行者用のトンネルは全長が約1965メートルとなっています。この長さは歩行者用の海底トンネルとしては日本一を誇っています。 元々は車道の非常通路として造られたそうですが、東扇島での就業人口が増えたため2004年に歩行者の通行が可能となったようです。 今回は、千鳥町から東扇島まで歩いてみました。 川崎駅から川崎市営バスが出ており料金は210円。 川崎港海底トンネルの最寄となる「東電前」で下車します。 バス停から少し歩くと「川崎港海底トンネル」と書かれた看板が見えてきました。が、ここは車道のトンネル入口です。人道入口は別の場所にあるので、もう少しだけ先に進みます。 上の交差点を渡ると人道入口の看板がありますので、道順に歩いていきます。 交差点から5分ほど歩いていくと、「ちどり公園」の近くに人道の入口が見えてきました。 こちらが「川崎港海底トンネル(人道トンネル)」の千鳥町側の出入口です。 「海底トンネル歩道入口」 海底へ続く入口。 階段の中腹に自動ドアがありました。 車道の排気ガスを歩道に入らなくするため、ドアをつけることでトンネル内の気圧を調整しているのだそう。 下まで降りると、先の見えない長い通路が姿を現しました。 通路内では一定時間ごとに「ここは歩行者専用通路です。自転車は降りて通行して下さい。」という自動放送が流れています。 たまに自転車とすれ違うだけで他に歩いている人はおらず、自動放送だけが響き渡っています。 ここの1日の平均利用者数は約100名程度だそうです。 10分ほど歩いた頃、上り階段が見えてきました。東扇島側に到着です。 東扇島側の出入口。 反対側にはあった「海底トンネル歩道入口」の表示はなく、標識だけが立っていました。 川崎市港湾局と書かれた、ここでしか見られない「歩行者専用道路標識」。 右側の上部が青くなっている建物が管理棟です。 出入口はそのたもとにあります。 東扇島の港からの景色。 写真中央に、上で紹介した管理棟と同じような建物が見えますが、あれが千鳥町側の出入口です。あの場所から海底に入り、今回、ここまで歩いてきました。 アクセス JR川崎駅から川崎市営バスが出ています。 千鳥町から歩く場合は「東電前」で下車。 東扇島から歩く場合は「東扇島北公園入口」で下車。

記事を読む

多くの残留品が残る不思議な住宅廃墟郡、神奈川県横須賀市「田浦住宅街」

神奈川県横須賀市田浦の山の中に、現代的な住宅地の廃墟郡が存在します。 通称「田浦住宅街」。 1997年からこの辺り一帯を再開発する「湘南田浦ニュータウン」計画がありました。 しかし、住人たちが立ち退いた後、その再開発の計画が何らかの理由により中止に。 現在も、住宅だけがそのまま残り、誰もいないゴーストタウンとなっています。 ゴーストタウン「田浦住宅街」 田浦変電所近く、京急線と横須賀線が交差する辺りからハイキングコースを歩いていきます。 急傾斜地崩壊危険区域。 廃墟郡もこの区域に指定されています。 少しあるくと廃屋が現れ、道が二股に分かれています。 ここが今回の目的地「田浦住宅街」です。 ハイキングコース(梅林方面)にも廃墟、直進しても廃墟があります。まずは、直進コースから。 直進して右側に現れる階段を登ると、(1)と書かれた廃屋があります。 この数字は解体番号だそうで、各所に書かれていました。 ジョージアの缶コーヒー。 廃墟に行くと高確率で落ちているこのデザイン。 アパートの廃墟もありました。 蔦や藪が生い茂り行く手を阻んでいました。 このあたりから廃屋が段々と姿を現しました。 消火器が入っていた容器。 根元から引っこ抜かれています。 22番の家。 廃墟に行くとよくありますよね、こういう落書き。 一昔前の木造住宅の廃墟は見たことありますが、 このような現代的な住宅の廃墟はあまり見たことがありませんでした。 こちらの家は壁がなくなっており、中が丸見え状態。 調理器具がそのまま残っているのが分かります。 足元には食器も散乱しています。 21番の家。 防犯連絡所なのに玄関がオープン状態なのはマズいですね。 13番の家。 奥に井戸みたいなのが見えます。 見たら殺してください。 リヤカーのある家。 他の方が撮影した写真を見ると、この家にはファミコンがたくさん置きっぱなしになっているそう。 続いて、ハイキングコース方面の廃屋を見てみます。 藪の中でひっそりと佇む廃屋。 この家の住人が残していった本が散乱しています。 廃墟らしいですね。 本棚の上。 近くにはイノシシノでしょうか、罠が仕掛けられていました。 どうやら深夜早朝になるとイノシシノ姿が目撃されるようです。 こちらのお宅は見るも無残な姿に。 (暗いのでフラッシュ焚きました。) 道中で見つけた二輪車たち。 ボロボロになって横たわっていた自転車。 茂みの中には子供用自転車もありました。 蔦に絡まる2台の真っ赤なバイク。 なぜ、引越し先に持っていかなかったのでしょうか。 今回この廃墟住宅地を歩いてみて疑問に感じたのが、家財道具などの残留品がたくさん残っているという点。 まるで、ここ一帯が神隠しにでもあったように思えました。 ネットでも多くの疑問が残っている田浦住宅街。 今後、この場所はどのようになっていくのでしょうか。 (探索日:2016年12月) 立入禁止の規制について(2018年2月追記) 2017年4月26日より、田浦町4丁目・田浦住宅街一帯に立入禁止の規制がかかりました。現在、この場所に立ち入ることはできなくなっていますのでご注意ください。 なお、2018年より住居の解体工事が行われ、現在手続き中の「(仮称)湘南田浦メガソーラー事業」の工事が始まるようです。 立入禁止区域の詳細については横須賀市の公式サイト田浦町4丁目地域内の市道の一部通行止めについてをご確認ください。 あわせて読みたい【埼玉県秩父市周辺の廃集落】 埼玉県秩父市、浦山ダム周辺の集落跡地「岳集落(嶽集落)」と「十二社神社」 石垣に生える青々とした苔が神秘的、埼玉県秩父市「茶平集落」 「栗山集落」 埼玉県秩父市、90年代を最後に人がいなくなった残留品のある廃集落 急斜面に建ち並ぶ廃屋郡、埼玉県秩父市「山掴集落」 熊の爪痕が残る廃集落、埼玉県秩父市「冠岩集落」 ダムの底に沈んだ廃集落、埼玉県秩父市「寄国土集落」 電気料金未払いの家が1軒あるだけの集落、埼玉県秩父市「有坂集落」 有名な“車のおもちゃ”を見に埼玉県飯能市「白岩集落」へ、まさかの野生動物と遭遇 新緑に包まれる有名廃村、埼玉県秩父市「小倉沢集落」(秩父鉱山/日窒鉱山/ニッチツ鉱山)

記事を読む

2017.02.03 マティス国防長官来日に伴い横田基地に「E-4B“ナイトウォッチ”」が飛来

2017年2月3日(金)、横田基地に「E-4B “ナイトウォッチ”」が飛来しました。 2月1日から4日までマティス国防長官が韓国と日本を訪問する予定となっており、国防長官が搭乗するE-4Bが飛来しました。 アメリカ本土から韓国(オーサン基地)へ飛来した後、日本(横田基地)へ飛来したことになります。 国防長官をお出迎えするために飛来したブラックホーク。 E-4Bが飛来する10分ほど前に全4機がR/W36からアプローチしていきました。 E-4B(74-0787) 雲ひとつない青空の下、R/W36からアプローチ。 こんなにいい天気の中でE-4Bを撮影したのは今回が初めてでした。 同機は4日にアメリカ本土へ向けて離陸するもとの思われます。

記事を読む

遊園地の有名廃墟で自由散策、宮城県大崎市「自然と音楽と味・スポーツの楽園 化女沼レジャーランド」

宮城県大崎市に廃墟ファン界隈では有名な遊園地の廃墟があります。 その名は、「自然と音楽と味・スポーツの楽園 “化女沼レジャーランド”」。 2000年に閉園、約16年間その当時のままの姿で残り続けています。 しかし、現在、この土地の売却先を探しており、今年中には売買契約が結ばれる見込みとなりました。 以前よりこの場所に訪れてみたいと思っていたところ、なんと無料で見学会が開催されることが分かり、このチャンスを逃すまいと参加してまいりました。 今回はその様子をご紹介いたします。 先日一足先に公開した記事 「遊園地の廃墟で有名な「化女沼レジャーランド」内にある廃ホテル「化女沼パークホテル」」 とあわせてご覧いただけたら幸いです。 東北自動車道の長者原サービスエリアのスマートインターから車で約5分。 化女沼レジャーランドのアーチが見えてきました。 当日は、生憎の天候にもかかわらず、駐車場は満車となっていました。 「いらっしゃいませ」 木造のアーチが出迎えてくれました。 入口を入ると、右側に売店がありました。 めくれたシャッターの隙間から中に入ってみます。 新聞や包装紙などが散乱しています。 化女沼保養ランド時代のお土産用袋。 売店の奥にはゴルフ練習場の受付があります。 荒らされたのでしょうか、床にはポスター類や資料類、窓ガラスが散乱していました。 カウンターには当時のゲーム利用記録簿や資料などが残っていました。 カウンターの脇からゴルフ場につながる階段がありました。 降りてみましょう。 「レジャーパークゴルフ練習場」の看板。 落下して割れていました。 2階からの景色。 練習場は2階建てになっていました。 片隅には機械の一部が置いてありました。 1階に降りてみました。 ゴルフボールを購入する機械。 こんなところにソファー。 蔦がいい感じのアクセントに。 今にも自然に飲み込まれていきそうな、そんな素敵なコラボレーション。 売店・ゴルフ場をあとにして、野外の遊具を散策。 不時着したかのような飛行機の遊具を発見。 どうやら、実際に飛んでいた飛行機を遊具用に改造したとのこと。 機体番号(レジ)は「MK1035」でした。 探索を続けます。 パークホテルの向かいにあるゲートボール場。 腐った階段を慎重に降りると、落ち葉が溜まった室内のゲートボールコースが姿を現しました。 そこに落ちていた電話とゲートボール。 紅白のコントラストが美しい。 さて、ここからは、お待ちかねのメインディッシュ。 高鳴る鼓動を抑えて遊園地エリアへ。 夢にまで見た観覧車とメリーゴーランドに心を奪われた。 ネットで見たことのある風景を、今、実際に自分の目で見ている。 雨で霞んで見えるせいか「夢なのではないか」と思えるくらい。 近くまで行ってみます。 まずは ぐるぐると回るこの遊具。 当時は子どもたちの笑い声であふれていたのでしょう。 手で押してみたらゆっくりと回り始めました。 このサビ具合がなんともたまらない。 続いてコーヒーカップ。 カップの根元からポッキリいってしまいそうな状態のモノも。 テーブルのこの感じ、イイ。 カップもそうですが足元の鉄板部分も腐食が激しく、穴が開いている箇所もちらほら。 こちらは空飛ぶブランコでしょうか。 骨組みだけで、なにも付いていません。 メリーゴーランド。 欧米顔のお馬さんたち。 そんな悲しそうな目で見つめないで。 誰も乗ることの無くなった、その背中、 あなたの瞳の中には何が見えているの…? お待ちかね、観覧車。 12個のゴンドラをぶら下げて、今もなお、その場所に立ち続けている。 青空に映える姿もこの目で見てみたかったなぁ。 近くからでも、遠くからでも、その姿は圧倒的。 ゴンドラの定員は4名だそうです。 「はい、次の方どうぞ~」 子ども目線だと、こんな感じなのかな? 赤いゴンドラは女の子に人気だったのでしょうか。 でも、そんな赤いゴンドラも今では茶色くなろうとしています。 ゴンドラ内は大人4人だと窮屈そうな広さでした。 僕もあの上へと行ってみたかった。 ここの遊具たちはいつまでも残ってはいないでしょう。 売却が決定したらきっと撤去されてしまうことでしょう。 でも、 この場所で作った、いっぱいの楽しい思い出は、いつまでも心の中に残り続けます。 当時を知っている人も、廃墟になって初めて知った人も、きっと。 ずっと。 ありがとうございました。 普段の化女沼レジャーランドは、立入禁止となっています。機械警備の他、警察による巡回も行われているので、無断で立ち入るのはやめましょう。最近では、ツアー見学会も行われているようですのでそちらに参加するか、敷地外から見学しましょう。 (探索日:2016年11月19日)

記事を読む