Amazon公式サイトにてAmazonギフト券を5000円以上購入すると1000ポイントもしくは2000ポイント貰えるキャンペーンを実施中! ➡

高耐久のヘリウム充填モデルが当たるHDDガチャを試した結果(WDBBKG0080HBK-JESN)

レビュー&使い方
【当サイトの画像を著作権法第32条ならびに第48条の規定を満たさない状態での無断転載を禁じます】
どうも、はうやし(@hauyashi)です。

世の中には色々なガチャが溢れています。ガチャと言えばガチャポンが語源ですが、最近ではインターネットのソーシャルゲームでも「○○の10連ガチャ無料!」みたいなワードを聞くようになりました。

そんな中、私が初めて聞いたガチャが「HDDガチャ」です。HDDはハードディスクのことですが、ハードディスクのガチャって何?と思うわけです。

外付けハードディスクとして販売されている「WD Elements Desktop 8TB」が、今回のHDDガチャと呼ばれている製品です。

ハードディスクには「空気充填モデル」と「ヘリウム充填モデル」が存在します。このモデルの違いがガチャと呼ばれる要素になっているのですが、、、

「WD Elements Desktop 8TB」の中に組み込まれているハードディスクは、空気式・ヘリウム式の両方が混同していて、開封しないとどちらのモデルが使われているのかが分からない仕様になっています。

結論を言うと、ヘリウム充填モデルが当たりです。

空気式に比べてヘリウム式の方が高耐久かつ値段も高価なのです。『空気式とヘリウム式なら、壊れにくいヘリウム式の方がいいよね』ということでHDDガチャと呼ばれています。

という訳で、今回はHDDガチャと呼ばれている「WD Elements Desktop 8TB」を購入して、空気充填モデル、ヘリウム充填モデル、どちらが当たるのかを検証してみました。

―― 360度カメラ RICOH THETA SC2 ――

360度カメラ RICOH THETA SC2

WD デスクトップHDD 8TB USB3.0 WD Elements Desktop 外付けハードディスク(WDBBKG0080HBK-JESN)

外付けハードディスク WD Elements Desktop 8TB

外付けハードディスク WD Elements Desktop 8TB

今回ご紹介するHDDガチャができる外付けハードディスクは『WD Elements Desktop 8TB』です。

一般的にハードディスクはパソコン本体内部に組み込まれているものですが、USBケーブル等を介して安易に接続・取り外しができるように加工されたものが外付けハードディスクです。

外付けハードディスクのケースを分解すると、パソコン本体内部に組み込まれているような普通のハードディスクがでてきます。

今回の「WD Elements Desktop 8TB」には、以下の4タイプのハードディスクが使用されていることが確認されているのですが、4種類の内、2タイプがヘリウム充填式、2タイプが空気充填式となっています。

形式番号廉価版回転速度封入ガス
WD80EMAZ-00WJTA0Ultrastar DC HC5105,400rpmヘリウム充填HDD
WD80EZAZ-11TDBA0
WD80EMAZ-00M9AA0Ultrastar DC HC3205,400rpm空気充填HDD
WD80EDAZ-11TA3A0

これがHDDガチャと呼ばれている件で、ヘリウム充填式のハードディスクが使われていれば「当たり」ということになる訳です。

ヘリウム充填式のハードディスクは先ほども説明した通り、空気充填式に比べて高耐久と言われています。

実は、WD Elements Desktop 8TBの中身に、ヘリウム充填式・空気充填式の両方が使われているということは公表されていません。

では何故分かるのか?ということですが、国内外の多くの有志によってヘリウム・空気の両パターンあることが発見され、一般公開されている資料からそれらを裏付ける情報が出てきています。

この辺の説明については、専門的な知識も必要で一言で説明するのは難しいので省略しますが、もし気になる方がいれば詳しく説明しているブログを見つけたのでそちらを参照してください。

はうやし
はうやし

大切なデータを守るならヘリウム充填式がいい!

「WD Elements Desktop 8TB」を購入した結果

という訳で、実際にHDDガチャを試してみました。

外付けハードディスクをパソコンに接続した状態で「CrystalDiskInfo」というフリーソフトを使うと、形式番号が表示されます。

  • WD80EMAZ-00WJTA0
  • WD80EZAZ-11TDBA0

上記いずれかが出れば、ヘリウム充填モデルの当たりとなります。

1台目:2020年7月1日にAmazonで購入

2020年7月1日にAmazonで購入した青色のパッケージ

2020年7月1日にAmazonで購入した青色のパッケージ

2020年7月1日にAmazonで購入しました。

その結果、、、

WD80EMAZ-00M9AA0 空気充填モデル

WD80EMAZ-00M9AA0 空気充填モデル

「WD80EMAZ-00M9AA0」ということで、残念ながら「空気充填モデル」でした。

2台目:2021年4月11日にAmazonで購入

2021年4月11日にAmazonで購入したオレンジ色のパッケージ

2021年4月11日にAmazonで購入したオレンジ色のパッケージ

続いて2台目を、2021年4月11日にAmazonで購入しました。

結果は、、、

WD80EZAZ-11TDBA0 ヘリウム充填モデル

WD80EZAZ-11TDBA0 ヘリウム充填モデル

「WD80EZAZ-11TDBA0」ということで、めでたく「ヘリウム充填モデル」の当たりを引きました!

はうやし
はうやし

やったね!

空気式だからハズレということではない

今回は、空気式・ヘリウム式、両方のモデルが手元にやってきましたが、空気式を引いたからと言ってハズレだ!という訳ではありません。

WD Elements Desktop 8TBで使わてれているハードディスクは、エンタープライス向け(法人向け)ハードディスクの廉価版となっています。

  • 空気式:Ultrastar DC HC320
  • ヘリウム式:Ultrastar DC HC510

元になるハードディスクは、企業サーバーに使えるような信頼できるものなので、空気式でも安心してデータの保管先として利用することができます。

まとめ:HDDガチャでヘリウム充填モデルが当たる

HDDガチャができるのは「WD Elements Desktop 8TB」です。

8TB以外の違う容量のものを購入してしまうとHDDガチャはできませんので注意しましょう。

今回の「WD Elements Desktop 8TB」には、以下の4タイプのハードディスクが使用されています。

形式番号廉価版回転速度封入ガス
WD80EMAZ-00WJTA0Ultrastar DC HC5105,400rpmヘリウム充填HDD
WD80EZAZ-11TDBA0
WD80EMAZ-00M9AA0Ultrastar DC HC3205,400rpm空気充填HDD
WD80EDAZ-11TA3A0

ヘリウム充填HDDが出れば当たりです。

 

新しくハードディスクの購入を考えている方は、HDDガチャに挑戦してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました