メルヘンチックな廃墟がたくさん眠る街へ!噂のク・ソフトもあるよ!(山梨県 清里高原)

\SNSでシェアする/

どうも、はうやし(@hauyashi)です。

メルヘンチックな廃墟が建ち並んでいるという山梨県北杜市の清里に行ってまいりました。

清里はかつて「高原の原宿」と呼ばれ、バブル全盛期にはメルヘン・ファンシーショップやタレントショップなどで大賑わいの町でした。

が、バブルが崩壊すると同時にその客足は遠のき、たくさんあった店舗も閉店。現在では、観光客も疎らで、当時の建物がそのまま残っています。

今回の記事では、清里で巡った廃墟物件と、現役で営業している観光スポットや名物グルメをあわせてご紹介いたします。

道の駅 南きよさと(RVパーク)

当日は朝から清里をじっくり堪能するため、前日の夜に自宅を出発。

中央道を降りて清里高原に続く国道141号線、通称「清里ライン」を北上すると「道の駅 南きよさと」があります。この場所で翌日に備えて仮眠を取ることにしました。

道の駅「南きよさと」の周りは山々に囲まれているため、街の明かりや街灯も少なく、星空がハッキリと綺麗に見ることができます。

道の駅「南きよさと」は、車中泊をするための施設が整っている『RVパーク 道の駅 南きよさと』でもあり、予約をすれば電源や発電機等を使うことができます。

清里観光の拠点として、星空を眺めながら車中泊を楽しむのもオススメです。

清里駅前のSL C56-149

清里駅前にはSL蒸気機関車のC56型149号機が保存されています。このC56は、2009年7月にこの場所で保存・展示されるようになりました。

それ以前は、町営「たかね荘」(現・八ヶ岳美し森ロッジ)にて保存されていました。保存というよりかは完全放置の廃車状態で廃墟好きには堪らない錆び錆び具合でしたが、2009年の春から補修作業が行われ、現在の美しい姿に生まれ変わりました。

【廃墟】ミルクポット


駅を出て右に少し歩いていくと、ポットの形をしたファンシーな建物が現れます。

蕎麦屋さんの下にあるということは、蕎麦湯が入っているのかな(笑)

 いえ、蕎麦湯入れじゃありません、ミルクポットです。

横から見ると、あら素敵。
そのまんまポットの形をしています。

その昔、ドクタースランプアラレちゃんにも登場した場所でもあるそうです。

当時、このミルクポットではソフトクリームやお土産の販売をしていましたが、現在は廃墟に。

店内には、当時の商品がそのまま残されていました。

【廃墟】Green Park

ミルクポットから道路を挟んで向かい側にあるお城のような造りをした建物です。こちらも廃墟です。

「Green Park」という名前のようなのですが、建物の入り口上に書かれた看板を拡大してみると…

Green Prakって…スペル間違ってない…?
「a」と「r」の位置が逆じゃないか(笑)

建物の一番上には「Green Park」とちゃんと書いてあるのに。


そんな誤表記のある入り口はこんな感じ。おしゃれです。

ここにもミルクポットの看板がありました。
先ほどのミルクポットと地下で繋がっているのでしょうか。

以前のミルクポットはこの建物の脇に建っていたのですが、道路の拡張工事に伴って現在の位置に移動した過去があります。その名残なのか、なんなのか。


これが本当のミルクポット。
窓辺にずらっと飾られているところが一か所ありました。

【廃墟】ポッポ清里

お土産屋さんの廃墟。

ポッポ清里のポッポって何だろう。

汽車ポッポかな。

ということで、汽車と一緒に。


屋根の上には風見鶏。

清里フェステなる小さなお家もあります。


メルヘンな絵が描かれた「ポッポ」看板と、「名代そば」看板の何とも言えぬコラボレーション。メルヘンな雰囲気を壊していくスタイル嫌いじゃないです。

【廃墟】ワンハッピープラザ

清里らしいメルヘンチックなお店がたくさん並んでいたであろうワンハッピープラザ。今でいうアウトレットモールみたいな場所でしょうか。


メイン広場には、メルヘンな時計台があります。


この下で多くの恋人たちが写真を撮ったことでしょう。

時計台を囲むようにして建ち並ぶ店舗の数々。

清里屋。ファンシーグッズやアクセサリーを販売していたお店。

「写ルンです スーパースリム」の広告が貼ってありました。


そのまんまの店舗名「時計台」。飲食店だったのでしょう。


テラスもありました。



閉店したお店の前には可愛らしい看板が残っています。


街灯もこんなにメルヘンチック。
この一角だけ某テーマーパークみたい。

メイン広場の反対側、一階部分にも周ってみます。
こちらは意外と普通の外観、と思いきや…


お、なにかいる。

某ピューロランドで見たことあるぞ、こんなやつ。

 このカタツムリはメルヘンで可愛いというか、顔が怖い。


一階にも色々なお店が入っていた広場がありましたが、どこも廃墟。木製の床が腐ってしまったのが、全て剥がされていました。

【廃墟】星の王子さま


『おみやげは…ぬいぐるみが一番ョ!』

お土産屋さんだようです。ョの書き方がいいですね。

【廃墟】CABIN 北野印度会社


テレビ番組の企画で始まったビートたけしのタレントショップ『北野印度会社』が入っていた「CABIN」です。建物は残っていますが、ご覧の通り廃墟になっています。


二階の窓際に「北野印度会社」の看板が残っていました。


ちなみに、CABINの後ろに移っている赤い屋根の建物も廃墟、左に見切れているオレンジの建物も廃墟です。

萌木の村

清里駅前から離れた場所に現役の観光スポット「萌木の村」があります。カフェやレストラン、お土産ショップなどが営業しています。


敷地内にはメリーゴーランドもあります。このメリーゴーランドは色々なアーティストがミュージックビデオのロケ地としても使用している場所で人気があります。


通路には木材などで作られた色々なオブジェクトが置かれていました。

店舗情報

清泉寮 ソフトクリーム

メインの廃墟探索も終えてしばしの休憩。清里まで来たならソフトクリーム食べたいよね、ということで清泉寮へ。


清里でソフトクリームと言ったら清泉寮、というくらい有名なソフトクリーム。価格は400円。


八ヶ岳や富士山を眺めながら食べるソフトクリームは濃厚で激ウマでした。

店舗情報

  • 【 名称 】清泉寮ジャージーハット
  • 【 住所 】山梨県北杜市高根町清里3545(地図で見る
  • 【営業時間】平日9時00分から17時00分、土休日9時00分から18時00分
  • 【公式サイト】清泉寮

うわさのク・ソフト

清里ラインを走っていると見かけるこちらの看板は、一度目に入ってしまうとずっと印象に残ってしまうであろう強烈なインパクト。


この看板を掲げているのは「カフェレストラン 睦」。お店の前にはこれでもかというくらいソフトクリームの看板が並んでいます。

うわさのク・ソフトとは一体何なのか…。
ここまでくれば皆様十分にお分かりだと思います。


そう、食べたものだけが運をつかみ取ることのできる開うんソフトクリームなのです。ご丁寧に見た目が茶色いチョコレート味が出てくるという仕様。


そしてソフトクリームが乗っている器がお便器の形をしているところに加え、ハエさんもセットで付いてくる豪華仕様。もう完全アレにしか見えない。

うんちだ!うんち!

一度食べたら忘れられない思い出になるでしょう。
近くを通りかかった際には、勇気を出してあなたもお一ついかがですか。

店舗情報

  • 【 名称 】カフェレストラン 睦
  • 【 住所 】埼玉県(地図で見る
  • 【営業時間】売店:9時00分~20時00分(定休日:公式サイトで要確認)
  • 【駐車場】あり
  • 【公式サイト】睦 Official Website

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を書いた人

Nikon D800で写真を撮っています!
最近ではダムを巡ってダムカードを集めることにはまっています。

当サイト内のキャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。映像・画像の著作権は各著作物の権利者に帰属します。
Google関連コンテンツ

\SNSでシェアする/

はうやしの雑記ブログ

はうやしの雑記ブログ
「あんだんべぇー」

はうやしの雑記ブログ「あんだんべぇー」

YouTube channel

YouTubeチャンネル:廃墟・レトロ・珍スポット探索 / はうやし報告記〔仮〕

Subscribe Now!