2016.05.04 横田基地に「AV-8B “ハリアーII”」が飛来

2016年5月3日(火)にAV-8B(通称:ハリアー)が厚木基地に2機飛来しました。 翌日の4日には厚木基地を離陸して横田基地へ飛来しました。 その後、横田基地を離陸し、再び厚木基地へ戻りました。 横田基地への飛来は撮影できませんでしたが、離陸の転がりを狙いに横田基地へ行ってきました。 VMA-214 "Black Sheep" AV-8B (WE-03) #03はチャーリーから滑走路へ。 VMA-214 "Black Sheep" AV-8B (WE-01 165580) 今回の大目玉、色つきの#01はブラボーまで来てくれました。 が、残念なことにピントが尾翼に合ってしまいました... ハリアーを撮影したのは今回が初めてだったのですが、初めての撮影が色つきとは贅沢でした。 当日の天気予報は「雨」 朝方は予報どおり雨が降っていましたが、止んでからは雲ひとつない快晴に。 申し分ない天候の中撮影できて最高でした。

記事を読む

飯能市道 旧・東京都道・埼玉県道28号(青梅飯能線) 廃道と畑トンネルの探索

東京都青梅市と埼玉県飯能市を結ぶ「東京都道・埼玉県道28号(青梅飯能線)」 県道から飯能市道になり、現在は使われていない廃道となっている区間があります。 この区間には「畑トンネル」という廃トンネルもあり、一部で有名なトンネルとして知られています。 現在この廃道は車両の通行はできないものの、徒歩であれば通行することが可能です。 今回は青梅市側からスタートしました。 入口には「車両通行止」の看板がありますが、「全面通行止」ではありません。 進むとすぐ速度制限標識が立っていました。が、上部がありません。 そしてアスファルトには廃道らしく苔が生えていました。 しばらく歩くと、また速度制限標識がありました。 こちらは廃れて地面に落下していました。 ポールの途中からポキっと折れてしまったようです。 今度は草むらにとけこむ道路標識。 ここにも道路標識。 スタート地点から5分くらいでしょうか。 次第に草木が多くなってきました。 今までの通りとはうって変わり、人ひとりが通れるくらいのスペースになると遠くにトンネルが見えてきました。 これが「畑トンネル(はたとんねる)」です。 一部では心霊スポットと言われているようですが、そんな気配は全くありませんでした。 トンネルを抜けた先には「畑トンネルの歴史」と書かれた看板が立っています。 明治時代に作られた埼玉県で初となるレンガ巻のトンネル。 見ごたえがありました。 トンネルの中から来た道を振り返る。 青梅側はこんな感じで草木を掻き分けないと通れませんでした。 ここまでの所要時間は10分くらいだったでしょうか。 畑トンネルを最後に、廃道区間が終了しました。 最後に、スタート地点に戻ります。 最初の柵の後ろを振り返ると当時の名残である標識が残っていました。 (探訪日:2016年5月)

記事を読む

のんのんびよりの舞台、満開の桜舞う「小川町立小川小学校 下里分校」へ

2016年4月9日(土)、TVアニメ「のんのんびより」の学校のモデルになった「小川町立小川小学校 下里分校」へ満開の桜を見に行ってきました。 下里分校には過去に数回訪れていますが、桜の季節の訪問は今回が初めてでした。 見物客は10~20人程が訪れているような状態で、午前中は天気もよく青空にピンク色の桜が映えていました。 風が吹くたびに舞う桜吹雪がとても幻想的でした。 写真を拡大していただくと桜が舞っているのが確認できると思います。

記事を読む

メール採用 第312回『豊崎愛生のおかえりらじお』

2016年3月24日(木)放送 第312回『豊崎愛生のおかえりらじお』 前日に発売された3rdアルバム「all time Lovin'」全曲紹介の特別編成回。 番組を聴いての感想を送りました。 all time Lovin' 最高ですね。 合計採用数:21通 今年初のメール採用でした。

記事を読む

花澤香菜「透明な女の子」 ロケ地探訪(聖地巡礼) 埼玉県川口市 senkiya

2016年2月24日に発売された花澤香菜9thシングル「透明な女の子」のロケ地をご紹介いたします。 TVCMを見ておりましたら、ふと、見覚えのある景色が現れました。 「どこだっけ...?」と思い出す間もなく瞬時に判明いたしました! with Sphere:豊崎愛生 13thシングル「Uh-LaLa」ロケ地探訪(聖地巡礼)-ミュージックビデオ- 埼玉県川口市 senkiya 豊崎愛生「Uh-LaLa」のロケ地だった埼玉県川口市にある「senkiya」さんです。 昨年の7月に訪れておりましたので、その時に撮影した写真の中から数枚ご紹介します。 カフェの入口で撮影されたシーンです。 豊崎さんもこの場所で、映っているベンチに座って撮影していました。 顔を出している場所はカフェではなく、古本などが置いてあるスペースです。 窓枠の柱に杭が出ているのと、室内にあるポールが一致しているのがお分かりいただけると思います。 実は、前回訪れた際にここのご主人とお話しする機会がありました。 「つい最近もまた声優さんが撮影に来てましたよ。名前は忘れちゃいましたけど。」とのこと。 その声優さんとは花澤さんのことだったのでしょうか・・・。 一部の画像を著作権法第32条に基づき比較研究を目的に引用しております。 作品の著作権(映像・画像を含む)は「(C)アニプレックス/大沢事務所」にすべて帰属いたします。

記事を読む

「のんのんびより」舞台探訪(聖地巡礼) 第4話 千葉県南房総市(吉井大井戸・水車小屋)

2015年9月、TVアニメ「のんのんびより」第4話に登場した水車小屋のモデルになった「吉井大井戸・水車小屋」に行ってまいりました。 モデルとして登場したものが埼玉県にあれば、和歌山県にもある、のんのびより。 今回は千葉県南房総市に訪れました。 水車小屋へと続く入口 水車小屋のそばには、池や休憩スペースがありちょっとした広場になっていました。 実際の位置関係は劇中とは少し異なっていました。 訪れたのは雨上がりの朝方でした。 フラッシュは極力焚きたくないのですが、あまりにも暗すぎたので妥協しました。 この「吉井の大井戸」は、富山町指定文化財に登録されている建造物です。 平成11年ごろまで、夏場は町の水道の有力な水源として利用されていたようです。 一部の画像を著作権法第32条に基づき比較研究を目的に引用しております。 作品の著作権(映像・画像を含む)は「(C)あっと・メディアファクトリー/旭丘分校管理組合」にすべて帰属いたします。

記事を読む

メール採用 第298回『豊崎愛生のおかえりらじお』

2015年12月17日(木)放送 第298回『豊崎愛生のおかえりらじお』 ふつおた「来週は豊崎サンタさんが来ますね!!」 来週のおからじは毎年恒例のクリスマスSP。 ノベルティのしおり大放出の予感がします・・・! メールの本文に「2015年の最もほっこりしたエピソード」と、件名に「豊崎サンタ」 と書いていつものokaeri@joqr.netまでメールすればいいんですね!? 合計採用数:20通 合計採用数がついに20通を達成しました! 100通をめざしてこれからも送り続けます。

記事を読む

写真採用 【向谷実】が西武鉄道2525号によるミステリートレインを車内から生中継!

2015年12月19日(土)ニコニコ生放送 『【向谷実】が西武鉄道2525号によるミステリートレインを車内から生中継!』 http://live.nicovideo.jp/watch/lv244765974 “向谷実が西武鉄道「2525号車」によるミステリートレインを車内から生中継!” 西武鉄道の通勤用車両2000系「2525号車」貸切列車が、普段ありえない路線を走ります。 沿線の住民も驚くこと間違いなし! おなじみの面々にもご乗車いただき、冬の西武路を縦横無尽に走行します。 全国の鉄道ファンの目と耳を独占! 年末の鉄道コンテンツの超目玉になること間違いなし!の超BIG企画です。 【ATTENTION】スペシャル企画「みんなで2525号の進路を予想しよう!」 ミステリートレインの進路を予想して、車両の写真を視聴プレイヤー下の『お便り募集』より投稿してください。 出演者が審査して素晴らしい作品には素敵なプレゼントを差し上げます。 あなたのベストショットをお待ちしてます!! この企画にて写真を投稿したところ番組内で取り上げられました。 一眼レフカメラで撮影したため、カメラの液晶を直撮りして投稿。 実際はこんな感じに撮りました。 もうちょっと手前まで引いて撮影したかったのですが、鉄塔の影がかかってしまうので妥協。 採用された特典として西武鉄道非売品の卓上カレンダーが送られてくるそうです。

記事を読む

西武バス「A6-2466」(通称:三角バス)西武バス感謝祭にて展示、牽引回送を撮影

本日(11/21)開催された「西武バス感謝祭2015」にてCOEバス(通称:三角バス)が展示されました。 このバスは、秩父の奥のほうまで走っている西武バスの路線「中津川線」で1978年まで活躍していたバスで、三峰口駅から日窒鉱山まで運行されていました。 近々、日窒鉱山の廃墟を見に行こうと色々調べていたところに、まさかの車両展示。感動モノです。 三角バスと呼ばれていますが、実は六角形。 狭いトンネルを走行できるようにこの形に作られたそうです。 普段は川越で動態保存されているこの三角バス、ご覧の通りナンバープレートが付いていません。 今日の展示のため、前日に川越からやってきたのですが、その回送方法は牽引車による牽引です。 当然、帰りの回送も同じく牽引。 ということで回送シーンも撮影しました。 実は予想よりも早い時間帯に会場を出発していきまして、もたもたしていたら会場付近では撮影できず…。 追っかけて、追いついて、こんな場所で。 楽しいから「川越まで追っかけようかな」とか思いましたが、ガソリンが底を尽きそうだったので1発のみで撤収しました。

記事を読む

西武バス感謝祭2015 「ヤマノススメ」と「あの花」のラッピングバスがコラボ

本日(11/21)、西武バスの飯能営業所にて「西武バス感謝祭2015」が行われました。 事前にイベントの内容が公式サイトなどで告知されており、当ブログでもお知らせしたように、国際興業バスの「ヤマノススメ ラッピングバス」と西武観光バス「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。(あの花)ラッピングバス」が並べて展示されました。 青空の下で堂々と展示された3台。 横から。 告知の内容からあの花バスはレトロバスのみの展示かと思いきや、もう1台の方も来ていました。 いい天気の中、普段であれば決して並ぶことの無い3台の並びを撮ることができ大満足でした。

記事を読む

青春の想い出をありがとう!! ショッピングモール サビア飯能店 2015年11月10日閉館

本日、2015年11月10日18時をもって地元飯能にあるショッピングモール「サビア飯能店」が閉館しました。 ヤマノススメの漫画にも登場した複合商業施設。 私が物心付いた頃にオープンしてから23年間、その歴史に幕を閉じました。 飯能市民なら誰もが一度は訪れたことのある場所。 友達と遊びに行くならサビア。 私も、小学生や中学生の頃、よく通ったものです。 ハローマックが入っていた頃は、遊戯王の大会やベイブレードの大会などに参加。 親が買い物しているときは、体験版で置いてある任天堂64をプレイ。 ゲームセンター「こころっこ」の会員になり、来店スタンプをため、ゲームゲーム。 頻繁に通うものだから、店長さんや他の店員さんに名前と顔を覚えられ、色々とサービスもしてもらいました。 TVチャンピオンの「クレーンゲーム王選手権」の予選大会に出て、優勝したこともありました。 駐車場の出口で「ありがとーごぜぇましたー」という警備員のおじちゃん。 毎回手を振ってくれていました。今もお元気でしょうか? 今思うだけでも本当にたくさんの思い出が蘇ります。 最近は髪の毛を切るために39カットに行く程度でしたが、やはり、閉館となると寂しいものです。 そんな最終日の今日、少しばかりですがお別れをしてきました。 向かったのは「こころっこ」。 高校生のときにやっていたゲームがいくつか残っていました。 懐かしかったので最後にプレイ。 小中学生の頃にやっていたメダルゲーム 「いもほりペン太」 「しゅりけんボーイ」 「ドッカーンマウンテン」 「アヒルのヨーイドン」 今でもプレイできるお店は無いのかな・・・? ゲームをした後は一通りフロアを周ってお別れしました。 20時頃の様子。 18時で営業を終えたサビアは、すでに関係者以外立入禁止の看板が各所に設置されていました。 サビア飯能店、思い出をありがとうございました。

記事を読む

あの商店街はやっぱり暗かった、三重県四日市市「三和商店街」に再訪問

2015年10月26日 去年に引き続き、今年もこの商店街に訪れました。 (三重県四日市市、活気がないけど明るい商店街「三和商店街」) 月日が経つにつれて廃れ具合が気になってしまうこの場所。 目的地の通り道にあると寄り道をしてしまいます。 あれからどうなっているのか。 複数ある入口のうち、一番酷かった入口が見えてきました。 おや?前回来た時は無かったパイロンと1枚から2枚に増えた張り紙が。 頭 上 注 意 。 中に入ると張り紙の枚数も増えていました。 中央のブルーシートに覆われている建物、前回訪れたときはまだ覆われていなかった筈。 前回の記事で紹介していなかった場所を。 右側に旗や看板が出ているお店があります。 現役で営業をしている飲食店ですね。 一瞬路地裏にも見えてしまうここも商店街への入口の一つ。 蛍光灯はあるものの、実際には真っ暗です。 先ほどの入口からそのまま進むと、頭上が崩壊しています。 こんな場所があちらこちらにある商店街が「三和商店街」です。 本当、いつまでこの状態でいられるのでしょうか・・・。

記事を読む

2015.11.03 大型輸送機C-1の機動飛行が名物、2015年「入間航空祭」に参戦

2015年11月3日に入間基地にて入間航空祭が開催されました。 今年はオープニングから帰投まで空には雲が殆どなく、ここ数年で最高の天候でした。 撮影した写真の中からいくつか簡単にご紹介します。 T-4 中部航空方面隊司令部支援飛行隊(入間基地) C-1 第402飛行隊(入間基地) T-4BI 第11飛行隊(松島基地) SH-60K 第211,212飛行隊(館山航空基地) UH-60J 百里救難隊(百里基地) OH-1(立川駐屯地) OH-6(立川駐屯地) P-3C 第31,32飛行隊(厚木航空基地)

記事を読む

スフィア18thシングル「Dreams, count down!」ロケ地探訪を行いました(芝浦アイランド)

<お知らせ> 当ページの情報は以下のページに移動いたしました。 移動先では筆者のロケ地訪問レポートなど詳細な情報を公開しております。 with Sphere: スフィア 18thシングル「DREAMS, Count down!」ロケ地探訪(聖地巡礼) -ジャケット- 芝浦アイランド、HAP factory 2015年10月14日に発売されたスフィアの18枚目のシングル「Dreams, count down!」のロケ地に行って参りました。 訪れたのは東京都港区の芝浦にある、芝浦アイランド周辺。JR田町駅から徒歩15分程度の場所にあります。この場所では、歌詞カードで使われているジャケット写真の撮影が行われました。 今回は探訪の様子を少しだけ簡単にご紹介します。 汐彩橋(しおさいばし) 初回生産盤のAタイプで使用されている写真の場所です。 後ろに見える「ケイヒン」は、総合物流企業であるケイヒン株式会社の本社です。 こちらはBタイプで使用されている場所です。 橋の下にある歩道のトンネルです。 ピーコックストア 汐彩橋を渡ったところにある店舗です。 青い壁を背景に撮影した写真が使われています。 地図 あとがき・その他 当記事よりも詳細にロケ地を紹介しているスフィアのロケ地探訪(聖地巡礼)サイト「with Sphere」もあわせてご覧ください。 with Sphere:スフィア 18thシングル「DREAMS, Count down!」ロケ地探訪(聖地巡礼) -ジャケット- 芝浦アイランド、HAP factory

記事を読む

2015.10.11 2015年観艦式、入間基地にブルーインパルスが飛来(ドロップタンク付き)

本日(10/11)、18日に開催される観艦式に参加するブルーインパルス(#1~#6、予備機)が入間基地に飛来しました。 観艦式へは入間基地からのリモートで行われる予定で、約1週間入間基地にステイします。 本日はドロップタンク付きで飛来しました。 私自身、ドロップタンク付きのブルーインパルスを撮影したのは初めてかもしれません。 ドロップタンクを付けたブルーインパルスはちょっと新鮮。 T-4BI #4(66-5745) 当日の天気は雨模様。入間基地周辺では雨は上がっていましたが濃霧。 着陸に苦戦しておりました。 T-4BI #5(46-5728) T-4BI #6(46-5725) T-4BI #3(46-5729) T-4BI #1(46-5731) T-4BI #2(46-5726) 予備機も飛来しましたが、なぜかエンドまで来てくれませんでした…。

記事を読む

2002年3月閉鎖、埼玉県入間市のシンボル「国民宿舎 入間グリーンロッジ」

埼玉県入間市、小高い丘の上にお城の様な建物が建っています。 その名は「国民宿舎 入間グリーンロッジ」。 1971年7月1日に開業し、経営不振で2002年3月31日に閉鎖した入間市のシンボル的建造物です。 場所は、西武池袋線の仏子駅から徒歩5分、入間市立西武中学校の裏手。 通りから建物へと続く道が延びています。 登山道にも続いているので敷地内でも常時開放。 では、さっそく登ってみましょう。 登りはじめるとすぐに広場があります。 駐車場だったのでしょうか。 さらに登ります。 ちょっとした急勾配を登ると おや、見えてきましたね。 近くで見ると意外と迫力があります。 実はこのグリーンロッジ、郵便局で頼むと郵便物に押してもらえる「風景印」になっているんです。 閉鎖されて数年建っているにも関わらず、今でも風景印として使われているのが納得できます。 入口脇の表札。 シャレオツ感を出しているのでしょうか、文字の大きさ・位置にばらつきが。 建物の入口には「老朽化のため立入禁止」「極めて危険立入禁止」の張り紙。 現在は、機械警備をしており、毎年警備会社に約40万円程度支払っている様子。 閉鎖して10年以上は経っていますが目立った外傷もなく、比較的キレイな状態です。 お客様専用歩道。 でも、今は “お客様” は通りません。 今回のお気に入り。 螺旋階段と生い茂る草のコラボが美しい。 こんなグリーンロッジですが、既に解体されることが決定しているようです。 が、解体に数億円の費用がかかる見込みで、いまだ解体には至っていません。 以下、2007年2月7日の埼玉新聞より引用 入間市仏子の旧国民宿舎「入間グリーンロッジ」が閉鎖されてから三月で五年を迎える。西洋のお城風の外観が印象的な建物は一時、民間への売却も検討されたが、老朽化のため解体が決まった。しかし、解体費用約一億円がネックになり、いわゆる「塩漬け」状態が続いている。市は早急に解体したい意向だが、財政事情が厳しい中、時期は決まっていない。新度予算案に関連予算は計上されない方針だ。入間グリーンロッジは一九七一年七月、緑豊かな加治丘陵の斜面に建設された。敷地面積約一万二千七百平方メートル。鉄筋コンクリート、地上六階、地下二階。総工費一億七百万円。外観は洋風ながら、内部は畳敷きの部屋が多く、ゆっくりくつろぐことができる。娯楽室や浴室、大宴会場もあり、最盛期には年間約二万人が訪れた。しかし、平成二年度のピークを境に、徐々に利用者が減少。〇二年三月末、閉鎖された。建物は空き家になったものの、放火対策などセキュリティー費用として警備会社への委託など年間維持管理費約三十七~三十九万円が、かかっている。建物の解体には、新たに見つかったアスベスト対策も必要になった。約一億円の解体費ねん出に市は頭を抱えている。売却の検討や跡地利用については、市議会の一般質問でたびたび取り上げられているが、決まったのは解体だけ。その後の具体的な青写真は示されていない。十二月議会で、解体後の跡地利用について、木下市長は「もとの丘陵の姿に戻すのが理想だが、いまの財政状況で所有していくのもいかがなものかと悩んでいる」と話している。担当の商工課によると、学校などへの耐震補強など早急に取り組むべき予算を優先させているため、解体費に手が回らないという。その上で「厳しい財政事情にあるが、できるだけ早く解体したいのが市の願い」という。 (探索日:2015年7月5日)

記事を読む

「ヤマノススメ セカンドシーズン 第2期」舞台探訪(聖地巡礼)第7話 飯能市(飯能河原、大河原、吾妻峡など)

TVアニメ「ヤマノススメ セカンドシーズン」第7話の舞台探訪(聖地巡礼)です。 写真は撮っていたものの記事を書かずにそのままになっておりました。鮮度はガタ落ちですが、少しずつ書き出していきますのでご覧頂けたら幸いです。 「ヤマノススメ セカンドシーズン」第7話 舞台探訪・聖地巡礼 今回の話では、主に飯能河原から吾妻峡・ドレミファ橋までのルートが描かれていました。 飯能駅から飯能河原を経由して吾妻峡までは徒歩で30分程度かかります。 聖望学園   正門の脇からの景色。 割岩橋・飯能河原 飯能河原のシンボルともいえる赤い橋・割岩橋。 もうお馴染みの場所ですね。 飯能市シルバー人材センター付近 割岩橋を渡って道なりに進むと、左手にシルバー人材センターが出てきます。 そのすぐ右側にこの場所があります。 大河原木伐株式会社 シルバー人材センターを過ぎて1つ目の交差点に大河原木伐があります。 久下木材産業 大河原木伐から1つ目のT字路に面した場所に久下木材があります。 一時停止違反の取締りポイントです。 久下木材の前は丁字路になっており、横断歩道の前が一時停止箇所になっています。稀に一時停止違反の取締りが行われていますので、道路交通法違反には充分にご注意ください。 大河原交差点付近 久下木材から400メートル進むと大河原交差点があります。 その手前に「小」と書かれた蔵が建っています。 大沢橋 大河原交差点を右折して道なりへ。 200メートルほど進むと橋が見えてきます。 鉄工ヨシノ付近 橋から150メートルほど先にあります。 吾妻峡入口・永田方   今まで来た大河原地区の道なりには無く、永田地区の方にあります。 八耳堂   鉄工ヨシノから450メートルほど先にあります。 道路からは見えず、少し路地を入り込んだ場所なので見逃しに注意。 吾妻峡入口・大河原方 八耳堂へは入らずそのまま道なりに直進すると右側に空き地が見えてきます。 そのすぐ先に、キャンピングカーとボートが置いてあります。そこを右折すると吾妻峡の入口に到着します。 2018年3月現在、キャンピングカーとボートは撤去されてしまいました。 入間市桜山展望台   第1話でも登場した桜山展望台からの景色です。 名 称:桜山展望台 住 所:入間市下谷ケ貫925-8(地図で見る) 最寄駅:JR八高線 金子駅 もしくは 西武池袋線 仏子駅 開放時間: 4月から9月まで:9:00~17:30 10月から3月まで:9:00~16:30 休業日:無休 駐車場:入間市農村環境改善センターの駐車場が利用可能・無料 公式サイト:桜山展望台|入間市公式ホームページ 桜山展望台の詳細については当サイトの『「ヤマノススメ セカンドシーズン 第2期」舞台探訪(聖地巡礼)第1話 入間市桜山展望台』をご覧ください。 まるひろ飯能店・東飯能駅           ヤマノススメ セカンドシーズン 舞台探訪マップ 「ヤマノススメ セカンドシーズン」の舞台探訪・聖地巡礼マップです。 当サイトで紹介した「ヤマノススメ セカンドシーズン」の全登場箇所を放送話ごとにマーキングしております。舞台探訪や聖地巡礼のお供にお役立ていただければ幸いです。 (探訪日:2015年) キャプチャ画像は比較研究を目的として引用しています。 作品の著作権は全て「(c)しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」に帰属します。

記事を読む

2015年元旦『ヤマノススメ×西武鉄道』新春キャンペーン、雪村あおい(CV:井口裕香)による特別車内放送を実施

2015年元旦から『ヤマノススメ×西武鉄道』新春キャンペーンが行われました。 その一環として、元旦に運転された臨時列車の車内にて「ヤマ­ノススメ」雪村あおい(声優:井口裕香さん収録)による特別車内放送が実施されました。 今回はその車内放送の様子を収録してまいりましたのでご紹介いたします。 ヤマノススメ×西武鉄道 特別車内放送 特別車内放送が行われたのは元旦に運転された以下の臨時列車です。 上り列車で2パターン、下り列車で2パターン、合計4パターンが流れました。 上り「みなと横浜 初日の出号」元町・中華街行き 快速 元町・中華街行き(飯能駅3:39発 → 元町・中華街駅5:29着) 特別放送実施は飯能~練馬間で実施されました。 下り「天覧山 初日の出号」飯能行き 準急 飯能行き(元町・中華街駅3:59発 → 飯能駅5:43着) 特別放送実施は練馬~飯能間で実施されました。 ダイジェスト(全4パターン) 全4種類の特別放送をまとめたダイジェストです。 ※撮影は、他の方の迷惑にならないよう、手すり用カメラ固定用品(SLIK クランプヘッド32)を使用して収録しました。

記事を読む

メール採用 第283回『豊崎愛生のおかえりらじお』

2015年9月4日(木)放送 第283回『豊崎愛生のおかえりらじお』 Twitter企画「夏休み写メ日記」 【拡散なうなう】今夜の「豊崎愛生のおかえりらじお」では、皆さんから「夏休み写メ日記」を大募集!メールに「●月×日△曜日…」で始まる“日記”と、それを表す“写真”を添付してokaeri@joqr.netまで送って下さい♪前回同様、写真のサイズは必ず「500kb」までにして下さいね! — なっちゃん (@okaeri_nacchan) 2015, 9月 3 8月23日 日曜日 曇り この日で運転を終了する寝台特急「北斗星」号の写真を撮りに行きました。 2015.8.23 8008列車 東北本線 栗橋~鷲宮にて 合計採用数:19通 ほぼ1年ぶりの採用になりました。

記事を読む

「のんのんびより」舞台探訪(聖地巡礼) 第4話・第12話 埼玉県秩父市(光西寺・浦山口駅付近ほか)

TVアニメ「のんのんびより」第1期・第2期で登場した舞台が新たに発見されましたので巡ってまいりました。 場所は埼玉県秩父市。 まさか、秩父にも舞台があるとは思いませんでした。 探せばもっと出てきそうですね。 第4話(石龍山橋立堂付近)   第4話(光西寺)   第12話(浦山口駅付近)   第2期りぴーと 第7話   1期第12話の塀のすぐそばにある湧き水。 一致はしていないので参考程度に載せておきます。 一部の画像を著作権法第32条に基づき比較研究を目的に引用しております。 作品の著作権(映像・画像を含む)は「(C)あっと・メディアファクトリー/旭丘分校管理組合」にすべて帰属いたします。

記事を読む